Loading...

劇団4ドル50セントがファンイベントを開催、秋元康作詞のオリジナル楽曲を披露しファンを魅了

秋元康氏がプロデュースする演劇を中心とした総合エンタテインメント集団「劇団4ドル50セント」が、8月1日(日)にMsmileBOX渋谷にて約半年ぶりとなるファンイベントを開催した。

本イベントでは、秋元康氏が作詞した劇団のオリジナル楽曲をひっさげ、AKB48グループや坂道シリーズなどのミュージックビデオの振付師などでも知られるCRE8BOY振付によるダンスパフォーマンスを披露。

チケット即完により急遽SHOWROOMでの生配信も行い、劇団旗揚げ以来ファンから愛される代表曲「シャッターを上げろ!」や、2018年11月に上演した第二回本公演「ピエロになりたい」以来のパフォーマンスとなった「自分のもの」「現実の鳥」など、まだ音源化もされていない全10曲の中から6曲を披露した。

イベントに参加したファンからは

「生で会えるとこんなに心動かされるんですね」
「胸に込み上げる熱いモノを充電させてもらいました」
「4ドルのイベント、初めてでも楽しかったなあ」

など感動する声が相次いだ。

イベント中には、近年世界中で流行しているARスポーツ「HADO」とコラボした大会を開催することが発表されるなど、今年8月に結成5年目を迎える劇団として、演劇だけに留まらない斬新なエンターテインメントを届け続けることをファンに誓った。

なお、本イベントはオンラインチケットを購入すれば、8/7(土)までイベントの模様を映像で視聴することが可能となっている。

続きの画像はこちら
タイトルとURLをコピーしました