Loading...

EXFIGHT(LDH martial arts)所属 中村倫也 修斗デビュー戦で2RハイキックKO勝ち! 劇団EXILE 佐藤寛太、小野塚勇人が祝福

まさに「モノが違う」! EXFIGHT(LDH martial arts)所属の中村倫也が、総合格闘技デビュー戦に挑み、2R、0分20秒、左ハイキックで衝撃のKO勝利を飾った。

中村倫也は、全日本選手権2連覇、U-23世界選手権優勝など、世界で活躍したレスリングエリート。しかし、「レスリングのキャリアは総合格闘技で活躍するため」と公言しており、その目標を果たすため、LDHが立ち上げた総合格闘技ジムのEXFIGHTに所属。さらに、LDHが世界で戦える格闘家を発掘するために開催したFIGHTER BATTLE AUDITIONに参加。圧倒的な実力を見せつけてトップ合格を果たし、改めて所属を勝ち取ってみせた。

 すでに格闘技界から注目を集めている中村倫也だが、待望のプロデビュー戦が2021年7月25日に聖地・後楽園ホールで開催された『プロフェッショナル修斗公式戦 PROFESSIONAL SHOOTO 2021 Vol.5』に決まった。

中村倫也の父である故・中村晃三氏は、修斗の黎明期を支え、セントラルジムの設立やバーリトゥードジャパンの開催などに尽力した人物。中村倫也が修斗でデビューすることは、運命的でもある。

そんな中村倫也のデビュー戦の対戦相手は“鋼の拳”論田愛空隆(心技館)。修斗を主戦場としながら、ONE Warrior Seriesなど海外でも活躍するインターナショナルファイターで、老獪な寝技のテクニックに加えて打撃力もある強豪だ。

大会では、開会セレモニーが行われ、中村は出場選手を代表してスピーチを担当。「なにより夏のアツい格闘技を楽しんでいってください!」と力強く宣言した。

論田愛空隆VS中村倫也の対戦は第6試合に組まれ、5分2Rで行われた。

試合が始まると、打撃戦の展開になり、お互いにパンチで探り合う。中村は、論田が放ったキックの足先を掴みつつ、タックルで倒しにいく。しかし、論田のディフェンスも巧みで、中村はなかなか良いポジションにつけない。中村はバックポジションからチョークや腕十字を狙うが、論田はギリギリで凌ぐ。中村はマウントからのパウンドも打ち込み、さらにはバックからチョークを狙うが膠着、そのまま1ラウンドが終了。中村の優勢は明らかだが、さすがに緊張気味のようだ。

2Rがスタート。スタンドでの打撃戦となり、寝技が得意な中村にとって不利な状況かと思われたが、中村がまさかの左ハイキックを一閃! これが見事に頭部にヒット、ダウンした論田に追撃のパウンドを決めたところでレフリーが試合を止めた。

「モノが違う」を体現したような豪快なKO劇に場内は大きな拍手に包まれた。

試合後のマイクでは「プレッシャー半端ないですよマジで。「モノが違う」っていわれてたけど、本当は凡才っていうのは自分自身が一番わかってます。ここからまだまだ目一杯精進していきますのでよろしくお願いします」と語り、最後に「お父さんありがとう!」と亡き父に勝利を捧げた。

鮮烈なデビューを飾った中村倫也だが、その目標は世界で活躍するファイター。まだまだ険しい道が続くと思われるが、今後の中村倫也、そしてEXFIGHT、LDH martial artsに注目が集まる。

なお、試合を観覧していた劇団EXILEの佐藤寛太は、中村に対して「中村倫也選手、デビュー戦初勝利おめでとうございます。人って本気で感動すると立ち上がるんですね。長らく忘れていた『生』のエンターテインメントの持つ力を思い出させていただきました。素晴らしい試合ありがとうございます! 倫也くんのオープニングのマイクパフォーマンス通り、明日からも生きてく力をいただきました。ゆっくり休んでください!」と祝福。

同じく、劇団EXILEの小野塚勇人は、「中村倫也選手、衝撃のデビュー戦おめでとうございます! 格闘ドリーマーズの少し前から知り合い、技術的に強い事はもちろんですが、メンタル面や考え方が凄く成熟していて、一緒に練習をさせて頂いても本当に勉強になる事ばかりです。今日勝ったのも多くのプレッシャーがある中で、しっかりKOで勝ち切る事は中々出来ることではないと思います。中村選手がこれから世界へ羽ばたく第一歩を生で観戦できたことがとても自分としても誇らしく勇気をもらえました。本当にお疲れ様でした! 素晴らしかったです! ゆっくり休んでください!」と感激のコメントを寄せた。

中村は今回のデビュー試合について、「今回無事に2RでKO勝ちすることができました。デビュー戦だったのでもっと緊張するかなと思いましたが、試合のブザーがなってからは落ち着いてゾーンに入って戦うことができたと思います。ですが、まだまだ技術的に荒削りになってしまうことが多かったので、その反省を生かして世界のトップまで駆け上がれるよう、練習から丁寧に作っていきます!」と語っている。

関連画像

タイトルとURLをコピーしました