Loading...

milet 初の全国ホールツアー「milet 1st tour SEVENTH HEAVEN」大盛況で完走!

miletシンガーソングライターのmilet(ミレイ)が、初となる全国ホールツアー「milet 1st tour SEVENTH HEAVEN」を6月5日(土)神奈川・ハーモニーホール座間を皮切りにスタートさせ、7月22日(木)東京ガーデンシアターにて全11か所に及ぶツアーのファイナル公演を終えた!

miletは、昨年6月にリリースした1stフルアルバム『eyes』がBillboard JAPAN “HOT ALBUMS”で2週連続で1位を獲得、その後も8週連続でTOP10入りを果たすなどロングセールスを記録。ゴールドディスクにも認定された。そして2020年末にはデビューから僅か1年半というスピードでNHK総合「第71回NHK紅白歌合戦」に初出演を果たすなど、破竹の勢いで活躍中のシンガーソングライター。

そんなmiletがデビュー3年目でようやく実現した初の全国ツアーのファイナルを大盛況で終えた!

昨年コロナウィルスの影響で全国ツアーが2度中止となり、3度目の正直となった今ツアーは、まさしくファンが待ち焦がれた待望のツアー。

そんな待ちに待ったツアーのファイナル公演は盛り上がらない訳がない。

「音楽の力で皆をHEAVENに行ったような思いにしたい」という意味で付けられた今回の「SEVENTH HEAVEN」

そんなライブはOpening SEが鳴りやむと共に、ステージに設置された幕にmiletのシルエットが映し出されてスタート。1曲目は『Again and Again』が披露された。

楽曲が始まると共に、会場に集まったファンは待ってましたと言わんばかり一気に立ち上がった。

そして1サビに差し掛かる直前、ブレイク空けと共に幕が一気に落とされmiletが登場。

声が出せないながらも、会場の手拍子が更に大きくなったのがわかった。

上下黒のジャケット・パンツスタイルでクールに登場したmilet。そのまま「Diving Board」「航海前夜」「Who I Am」の4曲を披露し早くも会場は手拍子の嵐、大きな盛り上がりをみせた。

そしてライブはデビュー曲「inside you」をきっかけに天国とは一変、地獄モードへ。

miletの持ち味である響く様に耳に入ってくる中低音の歌声、そんな歌声と共に繰り広げられるダークな演出で集まったファンたちは地獄パートの虜になっていた。

そんな地獄パートはmiletの楽曲の中でもエッジが効いている「checkmate」をファイアーボールの演出と共に披露され締めくくられた。

後半、インタールードを挟んでフェミニンなネイビードレスでmiletが登場。

さっきの地獄パートからまた一変「One Touch」が始まり、キュートな1面も見せてくれた。

そんな後半戦は新曲「Wake Me Up」「On the Edge」や大ヒット曲「us」なども披露され会場のボルテージは一気に最高潮に。その中でも「Prover」はmiletとピアノのみの構成で披露され、milet自身も集まったファン達も涙を流す場面が。そして本編ラストを飾ったのは「あなたと私の曲です」という言葉を添えて「You & I」が披露された。ラストサビでは散々にまばゆい光を放つミラーボール演出と共に会場一体となって本編を締めくくった。

鳴りやまぬアンコール拍手を受け、登場したmilet。

「こんな時代だけど苦しい時も走り続けられたのは皆さんのおかげです。何かあれば皆さんの顔を思い浮かべていました。会えない時間が長かったからこそ皆さんを想っていました。このツアーファイナルではそんな皆さんにお礼が言いたかったんです。本当にありがとうございます」という言葉と共にファンを想って書いたという新曲「Ordinary days」(日本テレビ系水曜ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」主題歌)を涙を堪えながら披露。そんな姿にファンは感動とともにmiletの想いをしっかりと受け止めている様子がうかがえた。

そんなアンコールの最後は「Grab the air」まさしく晴天・天国まで突き抜けていくような歌声でファンとの絆を噛みしめるように歌い上げ、大盛況のうちに終了した。

デビュー3年目にしてようやく実現したmiletの初の全国ホールツアー。

大変な時期をファンと共に耐え、喜び、共感したmiletは今後も更にパワーアップした姿を見せてくれること間違いないだろう!

続きの画像はこちら
タイトルとURLをコピーしました