DEEP SQUAD 5th Single「Deja Vu」オフィシャルインタビュー

DEEP SQUAD6人組コーラスグループのDEEP SQUADの新曲『Deja Vu』が7/19(月)に配信リリースされ、7/22(木)にMVも解禁となった。

「Deja Vu」は、サウンドプロデューサーRyosuke “Dr.R”Sakaiと、Carlo Redl、Yui MuginoとDEEP SQUADメンバーによる共同制作により完成した楽曲で、DEEP SQUAD初のRAPパートも含まれている楽曲。心躍る夏の一瞬をCOOLに描いたDEEP SQUAD流の本格派Summer R&Bサウンドに仕上がっている。

DEEP SQUAD オフィシャルインタビュー

ーーまず、TAKAさんは七夕の日にTwitterで「TAKA星」として「#七夕SQUAD」のお願いを呼びかけていましたね。

DEEP TAKA(以下、TAKA):ギャグのつもりだったんですよ(笑)。誰もノってくれなくて。

DEEP KEISEI(以下、KEISEI):反応も良い感じでしたよね。しっかり「TAKA星様へ」と宛先を書いてくださっている人もいましたし。

比嘉涼樹(以下、比嘉):さすがでした。僕は涼彦と名乗ろうかなと(笑)。

ーー面白かったです(笑)。新作「Deja Vu」制作の経緯について聞かせてください。

TAKA:ナガシマスパーランドさんの「ジャンボ海水プール」CMソングということで、「夏っぽい曲を」とお話をいただいたのがスタートです。それで、YUICHIROとKEISEI、亮司がRyosuke“Dr.R”SakaiさんとYui Muginoさん、Carlo Redlさんとコライトして制作していきました。夏と言うとパーティーチューンなイメージですが、こういうメロウなサウンドも良いですよね。海に行く前とか、遠足やイベントの前日にワクワクする気持ちを想像して聴いてもらいたいです。

DEEP YUICHIRO(以下、YUICHIRO):DEEP SQUADとして1から楽曲制作に携わるのは初めてだったので、作品にできて嬉しいです。KEISEIと亮司も携わっていますし、新しい色を出せたのかなと。

KEISEI:SakaiさんはDEEPの「MAYDAY」なども担当してもらったので、面識はあったんです。世界観も近い方なので、一緒に作業したのは刺激になりましたね。若いメロディメイカーさんたちもすごくて、彼らは僕が育ってきた環境になかったものを持っていて、そういうものを混ぜ合わせていくのは楽しかったです。

杉山亮司(以下、杉山):僕もSakaiさんの楽曲は聴いていたのでコライトに関われて嬉しかったです。積極的にアイデアを出して、インプットしてきたものを発揮できたかなと。MuginoさんとCarloさんは海外で過ごした経験が長い方なのですが、日本の音楽だけを聴いてきた人にはない感性だなと思いました。日本の人は綺麗にリズムを拍に収めるのですが、彼らはレイドバックしますし、フェイクの節回しも違うので勉強になりました。

宇原雄飛(以下、宇原):確かにデモでその二人が歌った部分は、メロの質感が全然違った聴こえ方でしたね。Carloは僕と同い年で刺激になりました。もっと自分を磨いていきたいです。

ーー最初のメロディが1小節目の終わりからスタートするのも驚きました。

YUICHIRO:普通は入りそうなところで「まだ入らないんだ」って感じですよね。

TAKA:海外の感覚を持っていても、僕ら世代なら小節の頭から入れていると思うんですよ。今の世代の感覚な気がします。

KEISEI:ほしい感覚だけど、僕ららしい部分も大事にしたいよね。

ーーコライトセッションの様子はいかがでした?

YUICHIRO:めちゃくちゃ緊張しましたよ。スタジオに行って、SakaiさんがPCで打ち込みながら「じゃあ歌ってみようか」と始まるんです。MuginoちゃんとCarloは慣れていて良いラインをどんどん提案してくるので、負けないように頑張りましたね。僕は頭に残るキャッチーなフレーズを入れてやると思っていたのですが、サビ終わりのリフレインの部分を出せたので満足です(笑)。

杉山:直感を大事にされる方なので、最初に出てきたフレーズが一番良いという判断なんですよ。

KEISEI:提案の回数制限もあったし、作業も早かったよね。パパッと構成して、それぞれのメロディのアイデアを組み立てて、3〜4時間くらいですかね。あと彼らの会話って4割くらい英語なので、それも面白かったです。

TAKA:僕はスタジオに行ってないのですが、Googleドキュメントで作詞のやりとりをしている様子をリモートで見ていたんですよ。そうしたら本当に早くて、言葉が出てくる出てくる。「皆さんも良かったらどうぞ」と言われたのですが、全然ついていけない(笑)。そういう慣れている感じとか、その場の空気感も楽しいんだろうなというのが画面越しに伝わってきましたね。

比嘉:僕も見ていて楽しそうでした。次は直接参加したいです。

ーーグループとして初のラップが導入されているのも驚きでした。

杉山:そこは僕と比嘉くんが担当しています。

比嘉:自分の歌っている部分はYUICHIROさんがリリックを作ってくれたので、どういう気持ちで書いたのかというところも考えました。実はレコーディング前日にデモを聴きながら、亮司とフロウや掛け合いなどを考えて録ったんです。初のラップですし、「これが自分たちだ」と見せたくて。

YUICHIRO:ヒップホップとR&Bは親戚みたいな感じですから、ラップへの取り組みは自然でしたね。DEEPの頃も特に意識したことはなかったですけど、新メンバーも入ったし、良いタイミングだったのかなと。リリックはMuginoちゃんとも話しながら作っています。ギャグセンスで作ったりもするので、ヒップホップの人には怒られるかもしれませんが(笑)、スムーズにできたと思います。

ーーラップにかかったディストーションのエフェクトも印象的でした。

杉山:あれはSakaiさんのセンスですね。僕は普段から楽曲制作でラップをやったりするので、自分なりのフロウでやってみたら、自然にああいうエフェクトをかけてくださったんです。後ろのビートもその場のアイデアで「スローな感じにしてみたらどうですか?」と聞いたら、自然とBPM半分のノリにしてくださって。「すごいな」と思いました。

ーー素朴な疑問ですが、音楽やエンターテインメント的な追求に終わりはあると思います?

TAKA:果てしないんじゃないですか。マイクを置いたら終わりなのかな。これから自分たちの曲に振りを付けたり、ガチガチに踊る曲もあるかもしれないし、未来の展開に合わせてやることはたくさんあるはずで。活動すればするだけ、新しいことをやらなければいけないから、レッスンを受けたり学ばないといけないんです。成長に終わりはないですし、限界を見据えた時点で終わり。僕たちはまだツアーも回っていないですし、成長の要素も多いと思いますよ。一人ひとりがフリースタイルで踊れるようになったりして(笑)。楽しみですね。

KEISEI:それはファンクラブイベントでやってもらおうか。

TAKA:それは早すぎる(笑)。そう考えるとEXILEさんはすごい。僕たちよりも年上で、あの動きですから。もはやアスリートですよね。そして、忘れてはいけないのは「歌」が僕らのベーシックにあるということ。そこからブレてはいけなくて、それを軸にやるべきことをやっていきたいです。

DEEP SQUAD 5th Single「Deja Vu」

■配信Linkfire
https://smar.lnk.to/bW5HpR

【DEEP SQUAD公式HP】
http://www.deep-ldh.com/

【DEEP SQUAD公式Instagram】
https://www.instagram.com/deep_squad_official
【DEEP SQUAD公式Twitter】
https://twitter.com/deepsquad_jp
【DEEP SQUAD公式TikTok】
www.tiktok.com/@deepsquad_official

タイトルとURLをコピーしました