サイダーガール、ツアーファイナルにて 新曲「待つ」7/26(月)デジタルリリースを発表! 明日J-WAVE『SONAR MUSIC』で初フルオンエア決定!

撮影:山川哲矢

2021年6月18日の渋谷WWW X公演を皮切りに、サイダーガールの、約2年ぶりの10都市11公演に及ぶ全国ツアー「CIDERGIRL ELEVEN DAYS KITCHEN TOUR 2021」が、本日7月21日に、メジャーデビューを発表した思い出の地となる渋谷CLUB QUATTROにてファイナルを迎えた。

全国11箇所を回って東京に戻ってきた彼らの表情は自信に満ち溢れ、時折余裕すら見せ、心から本気で目の前のお客さんと向き合い、何より彼ら自身が楽しんでいるように見えた。

新曲数曲を含む、様々な楽曲の幅をきかせたセットリストを披露し、彼らの根底にあるものは変わらずに、自分たちであり続けるために挑戦し、成長し続けているバンドだと証明してくれた。

そしてこの日の最後、中盤で披露した新曲「待つ」が、今回、サイダーガールのメジャーデビュー日となる7月26日(月)にデジタルリリースすることと、10月31日に自主企画「ぼくらのサイダーウォーズ5」をZepp Tokyoで開催することが併せて発表された。

撮影:山川哲矢

新曲「待つ」は、作詞作曲を担当した知(Gt.)が『安直なモチーフから着想を得たタイトルが、当たり前だった日常に期待を抱くような言葉だったのだと、今夏の全国ツアーを通して痛感した』と話すように、ツアーの初日公演から披露し、お客さんが各地でメンバーを待ってくれている中で一緒に連れ添った楽曲。

アンニュイな雰囲気が歌詞やサウンドで表現された、バンドとして新たな一面を引き出す今作は、配信に先駆けて、明日22日(木)放送のJ-WAVE(81.3FM)「SONAR MUSIC」にて初フルオンエアされる。

さらに本日よりサイダーガールのオフィシャルYouTubeにてティザーが公開された。

また10月31日に開催される自主企画「ぼくらのサイダーウォーズ5」は、本日よりFC会員限定で先行受付がスタートしたので併せてチェックして欲しい。

~作詞作曲:知(Gt.) 楽曲コメント~

自室に篭る日が増えた中で、そんな日常を如何に楽しめるかを考えて制作した楽曲です。

安直なモチーフから着想を得た「待つ」というタイトルですが、当たり前だった日常に期待を抱くような言葉だったのだと、今夏の全国ツアーを通して痛感しました。

部屋で口ずさみながら生まれた本楽曲に感覚を委ね、頭を揺らしながら楽しんで頂けたらと思います。

●「CIDERGIRL ELEVEN DAYS KITCHEN TOUR 2021」 7月21日(水)ファイナル セットリスト
M-1 ID
M-2 NO.2
M-3 くらし
M-4 約束
M-5 ばかやろう
M-6 ドラマチック
M-7 なまけもの
M-8 アンブレラ
M-9 待つ
M-10 スワロウ
M-11 最終電車
M-12 猫にサイダー
M-13 足りない
M-14 パレット
M-15 ぜったいぜつめい
M-16 週刊少年ゾンビ
M-17 ライラック
M-18 エバーグリーン
en.1 オーバードライブ
en.2 メランコリー


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました