演歌歌手の西方裕之と、松原のぶえが YouTube で生配信。配信終了後には「赤とんぼ-新録版-」のMVが初公開!

今年デビュー35周年を迎えた西方裕之が、還暦を記念して「西方裕之 還暦&デビュー記念生配信!あの方もお祝いに駆けつけてくれるかも!?」と銘打った生配信を行った。

“あの方”とは、1979 年『おんなの出船』でデビューし、日本レコード大賞・新人賞をはじめ各種新人賞を数多く受賞、紅白歌合戦にも 7 回の出場歴を誇る実力派女性演歌歌手、松原のぶえだ。

サプライズゲストとして登場した松原は、デビューでいえば西方より先輩だが年齢は同い年。

7/18 に還暦を迎えたばかりだ。松原のデビュー当時、西方は佐賀で運送業に就いており、松原はブラウン管の中で見る憧れの歌手であったが、自身もデビューして音楽番組などで共演するうちに、気さくで優しい人柄に触れ、気の置けない友人のような間柄となった。

配信では音楽番組などでは見られない二人の意外な一面や、還暦対決といったゲーム、視聴者プレゼントなど盛りだくさんの内容となり、まだまだ若者には負けない元気さをアピール、あっという間に約 1 時間 40 分の配信が終了した。

松原にとって YouTube Live は初めてで、視聴者から来るチャットに夢中になるなど、かなり新鮮だったようだ。

還暦対決の脳内年齢診断では西方が50歳、松原がなんと33歳という結果となった。

これを聞いた松原は大喜びで満面の笑顔。

勝者は新曲の MV が番組内で放送できるというルールで、見事松原の新曲「花〇あげる」の MV が流れた。

配信では失礼な冗談を連発する西方に、松原が怒りながらも笑って突っ込むなど、仲の良さが伺えた。

配信終盤に、松原には西方から発表ごとがあると知らされていたが、その内容とは西方の代表曲のひとつで、『帰郷』のカップリングとして収録されている『赤とんぼー新録版-』のミュージック・ビデオの公開であった。

松原はその内容を知ると「引退か結婚でも発表するのかと思った」と突っ込みながらもホッとした表情を見せ、「60歳になったけどお嫁にいきたい!」と笑顔で語った。


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました