タイトルの意味が分かると切ない。『十五少女』が、忘却という残酷な真実の前で主人公が空に祈る内容を綴ったシングル「君が死んだ日の天気は」をリリース。

15人の仮想少女からなり、完全に明らかになっているのはその声のみ。いまだ多くがベールに覆われた『十五少女』の最新シングル「君が死んだ日の天気は」が、本日リリースされた。今作は、終わらない夏の終わり:8月32日に発売が予告されているE.P.「HATED」からの先行シングル第2弾となっている。

Linkfire:

十五少女「君が死んだ日の天気は」
ダウンロード・再生はこちらから

前作に続き、作詞・作曲を手掛けたのは『かいゑ』だ。

普段はボーカロイドによる楽曲を発表している彼は、これまでにも、あえて冒涜的にも『死の冷ややかさ』を描いてきた。それらは、人が歌うには余りに難しい楽曲群として世に出ている。刹那的な高速と儚さを伴ったピアノで紡がれる各作品は、リスナーの心に、宮沢賢治や中原中也の読後感、あるいは、映画館を出た直後に感じる眩し過ぎる日常への過敏な倦怠感のような “何か” を去来させる。

「君が死んだ日の天気は」は、“キミ(家族とも恋人とも友人ともとれる)” を亡くした主人公の一人称視点から書かれた抒情詩だ。そこには死に対する本質的な怒りと諦めが漂っている。人に限って本当の死とは、肉体がこの世から消え去ることではなく、残された人々の心の中から忘れ去られること。

誰一人として抗えない『忘却』という残酷な真実の前で、主人公が空に祈る内容が切ない。

Teaser Movie:

アドレスを知っている人だけが見ることのできるLeak(情報漏洩)Videoでは、フルバージョンを聴くこともできるので、気になった人は、十五少女のtwitterから発信されている『考察(謎解き)』に参加してみて欲しい。

大胆不敵で緻密なビジュアルは、人物を象(カタド)るシンプルな線とエキセントリックな視覚エフェクトを駆使した次世代デジタルアートで、国内外から大きな注目を集めるアーティスト『ケイゴイノウエ(キャラクターデザイン)』と、自らをヘッズとオタクの間で揺れると称し、ストリートとインターネットカルチャーを自由自在に行き交うデザイナー/タイポグラファー『ゆうたONE(グラフィックデザイン)』のタッグによるもの。多くビッグフェスでVJとしても活躍する『丹羽孝友(propographic)』が映像監督を務めた。

十五少女が歌うのは、大仰なメッセージでも理想的な愛でもない。多感な時期を普通に生きる若者が感じている「言い様のない不安」や「行き場のない焦燥」など、ありきたりに見えて、なかなかハードな日常の機微に寄り添った『ミクロ・ミュージック』と呼ばれる些細な大事だ。

今後、夏の終わりに向けて、5作連続でリリースされていく「HATED」シリーズ。

この旅路は、きっと、最高に挑発的な挑戦になる。


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました