Stone Flower Bloomsがピアノを主軸に置いたバンドとしての新境地となる新曲「ユニバース」配信リリース!

Stone Flower Blooms今春に始動したばかりの注目の3人組バンド、Stone Flower Bloomsが3ヶ月ぶりの新曲となるデジタルシングル「ユニバース」をリリースした。

「ユニバース」は、Stone Flower Bloomsのボーカルギターであり、全楽曲の作詞作曲を行う堀智喜が、以前より温めていた楽曲である。デモの段階では全編英詞だったものを大幅に変え、再アレンジし今回のリリースに至った。

以前のe.r.a名義より、ギターを中心としたアンサンブルを基本としていたが、「ユニバース」はピアノを主軸に置いたバンドとしての新境地に挑戦している。

今作も録音は堀智喜を中心にメンバーが行った。ミックスはART-SCHOOLやTHE NOVEMBERSなども手がけるTRIPLE TIME STUDIOの岩田純也、マスタリングはKNOCKOUT RECORDING STUDIOの森永圭一が担当。繊細で儚さもありながら、力強く歌い上げる美しいロック・バラード「ユニバース」にぜひ注目してほしい。

そして4月に配信したE.P.「いつか花束を」から収録曲「幕切れ」「Overthinking You」「アクアリウム」「いつか花束を」のスタジオライブ映像が、バンドのYouTube公式チャンネルで公開されている。

撮影・編集は「いつか花束を」のミュージックビデオに続き、長棟航平によるもの。こちらも併せてチェックしてもらいたい。

■アーティストコメント

人は様々な出会いや別れを繰り返し、それぞれの人生を描いていきます。

時には環境や人間関係の変化から辛い思いをしたり、自分を見失ったりしてしまうこともあるでしょう。

それでもあなたが出会った大切な人や出来事、その思いを大事に自分の中に残して想っていて欲しいのです。

堀智喜(Stone Flower Blooms)


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました