伍代夏子 芸能活動40周年を飾る新曲「歌謡劇 雪中相合傘―科白編―」本日7月21日発売メッセージ&ミュージックビデオ公開

喉のジストニアとの闘病、芸能活動40周年を振り返って、長編大作となった新曲への想い―
自らの言葉で、現在の気持ちを語る

伍代夏子伍代夏子の新曲「歌謡劇 雪中相合傘―科白編―」が本日7月21日に発売されます。11分38秒にも及ぶ長編大作となるこの曲は、芸能活動40周年を迎えた伍代にとって大きな意味を持つ一曲となりました。

昨年1月に発売されたシングル「雪中相合傘」は、伍代の真骨頂と言える劇的名作演歌でしたが、発売直後に新型コロナウィルス感染が日本中に拡大、全てのコンサートやイベント、テレビやラジオの出演が中止となりました。今年の3月には、喉のジストニアを公表し歌手活動休止を発表、「雪中相合傘」を披露する機会が無くなってしまいました。自信作であるにも関わらず世の中に届けることが困難となり、もっとこの歌を届けなければという使命感が、伍代自身の中に芽生えました。

そして、もう一度歌手として前に進み出すために制作に取り掛かったのは、前作「雪中相合傘」を劇化することでした。

悲恋の中の男女の心情が歌詞と科白に切々と綴られ、険しい恋路を二人で歩む情景を表した繊細かつ壮大なサウンドアレンジ、喉の調子を見ながら時間をかけてレコーディングされた伍代の歌声と演技によって、新たな息吹を与えられた「歌謡劇 雪中相合傘―科白編―」が生まれました。

そんな伍代夏子自身からの最新メッセージ動画が公開され、同時にミュージックビデオ(ショートver.)が本日初公開されました。

メッセージでは、まず冒頭でジストニアという病と向き合ってきている現在の心情を語っています。喉のジストニアであることを公表後、同じ病気と闘っているたくさんの方から共感、応援のメッセージをいただいたたことへの感謝の気持ち、少しずつだが回復してきていると実感している今の状況。なかなか完治は難しいとも言われている病だが、完治できることを信じ、打ち勝っていきたいという、前向きな思いを語っています。

また、芸能活動40周年を振り返る場面では、今年は還暦の60歳となり、芸能活動40周年を迎える年ということで、60と40の数字を足した100という数字にこだわって、何事にも100%の力で臨んでいきたいという意気込みを語っています。また、これまで4度の改名を経て「伍代夏子」になってからヒット曲にも恵まれ幸せな歌手生活を送っていること、これまで辛いことがあっても一度も辞めたいと思ったことはなく、憧れの先輩と同じ舞台に立ちたいといった目標をもって日々励んできていたので、気付けばあっと言う間の40年だったとも言っています。初心を大切に、喉の病気になってからはなおさら「声が続く限りもっともっといい歌を歌えるよう頑張りたい」と言います。

今作のミュージックビデオ(MV)の制作秘話では、曲が出来上がったと同時に、自分の中に浮かんだ歌の世界の景色やイメージをすぐに書き留めたイラストや構成案を映像スタッフにプレゼンしたこと、初めてMV制作の企画段階から携わったことなどを話しています。実写の映像をイラスト風に加工し水彩風アニメーションと合成させ完成したMVに対しては「自信作。満足感100%」と胸を張り、ぜひ歌と映像を合わせて観て楽しんでいただきたいと語りました。

病のこと、新曲への想い、芸能活動40周年を振り返って、終始穏やかな笑顔で前向きに、今の気持ちを語った伍代夏子。本日発売された新曲と公開されたミュージックビデオで伍代夏子の歌の世界をご堪能いただき、今後の活動を是非見守っていただきたいと思います。

■伍代夏子メッセージビデオ&「歌謡劇 雪中相合傘―科白編―」ミュージックビデオ(ショートVer.)
YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました