花*花の新曲「茜空テールランプ」ミュージックビデオが公開! 人生の旅のスタンプを押すような、ロードムービーに!

花*花今年6月2日に4年ぶりのニューアルバム「52R45(ゴー・トゥー・アール・フォーティーファイブ)」をリリースした花*花。そのアルバムに収録された「茜空テールランプ」のミュージックビデオが完成し、YouTube上で公開された。

「昭和に生まれて 平成を泳いで 令和にたどり着いたよ」という歌い出しで始まる「茜空テールランプ」は、走ってきた時代を振り返りながらも、この先の未来を想って、さあ行こう と、背中を押してくれる楽曲。ロードムービーの主人公になったような感じにさせてくれるナンバー。

ミュージックビデオの映像も、二人が伊豆半島を旅する姿を車載カメラやドローンなどで撮影し、昼食の風景や、砂浜で焚き火をしたり、海を見つめるシーンで構成されている。大きな仕掛けがあるわけでもなく、シンプルなロードムービー仕立てになっているが、その映像は常に優しさで溢れていて限りなく美しい。飾りのない二人のナチュラルな小旅行を常に温かい目線で切り取り続ける。大人ならではの余裕に溢れている映像だ。

コロナでなかなか先行きの見えにくい世の中だが、紆余曲折いろいろなことがある人生も、時間はゆったりと流れていて、時にはそれに身を委ねる大切さを感じさせてくれる楽曲に仕上がっている。

ビデオの冒頭では、こじまが古びたギターでこの曲を弾き語るシーンを観ることができる。本来ピアノを弾き語る花*花のギターの弾き語り自体、なかなかのレア映像である。

二人が運転する車も、大きな荷物をたくさん積み込んだクリーム色の車。まるでアルバムジャケットのイラストの車が飛び出て来たようだ。

この「茜空テールランプ」以外にも、アルバムに収録された全5曲は、どの曲もピアノと声が主人公。まさに大人なレイドバックサウンド。この時代を歩き続ける人たちにそっと寄り添う旅のしおり5曲が詰まったアルバムと言えるだろう。

花*花は7月24日に今回のアルバムのリリース記念ライブを行う。場所は大阪ザ・フェニックスホール。コロナ感染対策を万全にした上で行われる。二人の生の声を聴いて心のロードムービーに出発するのもいいかもしれない。

花*花からのメッセージ

旅気分を味わえるMVができました!伊豆半島をぐるりとドライブして、最後には美しい夕日も見られました。ぜひ素晴らしい景色と共にお楽しみください。

おのまきこ

ようやくMVが出来上がりました!ウインカーの点滅、海を見渡す景色、合間にみんなで食べた海鮮丼、久々の焚火。人生の旅のスタンプを押すような、まさしくロードムービーになりました。最高!

こじまいづみ


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました