日向坂46、初の全国アリーナツアー開催決定!

日向坂46

撮影:上山陽介

秋元康総合プロデュースの「坂道シリーズ」で、史上初のデビューシングルから5作連続で初週売上40万枚超えを果たした日向坂46が、櫻坂46と合同の野外ライブ「W-KEYAKI FES.2021」の二日目・10日に単独公演を行い、本編終了後に日向坂46としては初となる全国6都市の全国アリーナツアーの開催を発表した。

日向坂46は櫻坂46と合同で7月9日~11日の3日間、富士急ハイランドコニファーフォレストにて野外ライブ「W-KEYAKI FES.2021」を開催し、二日目の10日に日向坂46の単独公演を実施。3月に行われた配信ライブ「MEMORIAL LIVE:2回目のひな誕祭」では演出協力として700名のファンの前でパフォーマンスを披露したが、観客動員をしてのライブは2020年2月の「日向坂46×DASADA LIVE&FASHION SHOW」以来となり、ファンだけでなく、メンバーにとっても感動的な一日となった。

本編終了後のアンコールでは、キャプテンの佐々木久美からサプライズがある旨がアナウンスされ、会場の雰囲気が最高潮の中、全国アリーナツアーの開催が発表された。広島グリーンアリーナを皮切りに、マリンメッセ福岡、大阪城ホール、宮城県のセキスイハイムスーパーアリーナ、東京ガーデンシアター、そして愛知県の日本ガイシホールでファイナルを迎える。ツアーの決定を踏まえてファンへ向け、「こうして会える機会が増えていくのも、日々皆さんが沢山応援して下さっているおかげです」「もっともっと世界中にパワーを届けていきたい!」と日向坂46として初の全国アリーナツアーの実施に対して、感謝と意気込みを語った。

今一番勢いがあるといっても過言ではない彼女達の全国アリーナツアーは、ファンならずとも見逃すわけにはいかない。

続きの画像はこちら
タイトルとURLをコピーしました