インナージャーニー、大反響の「グッバイ来世でまた会おう」収録の2nd EP『風の匂い』9/1発売決定! 10/1には渋谷WWW Xで結成2周年ワンマンライブを開催!

現在、4th digital single「グッバイ来世でまた会おう」が話題のインナージャーニーが、9月1日に待望の2nd EP『風の匂い』をリリースすることが発表された。

インナージャーニーは、2019年10月1日に結成された平均年齢20歳の4人組ロックバンド。

シンガーソングライターのカモシタサラ(Vo&Gt)が10代限定フェス【未確認ロックフェスティバル2019】に応募、ファイナリストとなったことをきっかけに、サポートで集まった同じ高校の軽音部のメンバー、本多秀(Gt)、とものしん(Ba)、Kaito(Dr.)との4人で結成された。

「クリームソーダ」、「エンドロール」、「会いにいけ!」と3枚の配信シングルを経て、2020年12月にリリースした初のパッケージ作品である1st EP『片手に花束を』は評判を呼び、全国のタワーレコードスタッフが選ぶ <タワレコメン> に選出されるなど高い評価を獲得。

続いて、2021年3月にリリースしたデジタルシングル「グッバイ来世でまた会おう」が、Spotifyを中心に10以上の公式プレイリストにリストインし、J-WAVE『SONAR TRAX』、Fm yokohama『Tresen』エンディングテーマ、大阪MBSテレビ『MM-TV』の注目曲に選出され、さらに北海道NORTH WAVEの『COLLEGE RADIO JAPAN』では初の1位に輝くなど、10代~20代を中心に圧倒的な支持を集め、5月16日放送のフジテレビ『Love music』での全国ネット初パフォーマンスには大反響が寄せられた。MUSIC VIDEOや各種ストリーミングサービスのトータル再生回数は、100万再生近くに及ぶなど、老若男女問わず、幅広い層から支持を集めている。

また、5月1日にさいたまスーパーアリーナで開催された【VIVA LA ROCK2019】に初出場を果たし、トップバッターにして、いきなり入場規制を記録。

5月21日に渋谷WWWで開催した初ワンマンライブ【インナージャーニーといっしょ】は、チケットが1分でソールドアウトするなど勢いは止まらず、そのライヴ・パフォーマンスにも熱い注目が集まっている。

そんな中、ついにアナウンスされた2nd EP『風の匂い』は、先述の「グッバイ来世でまた会おう」をはじめ、8月11日に先行配信される「ペトリコール」、そして「夕暮れのシンガー」、「深海列車」、「Fang」(※「苗族」から改題)など、ライヴではお馴染みの人気ナンバーばかり全5曲が収録された作品となっている。

全楽曲の作詞作曲を手掛けるカモシタサラのオリジナリティあふれる詩的で抒情性に溢れた世界観と包容力のあるヴォーカル、そして、同世代でもトップクラスの実力と言われる、バンドの高い演奏力とが見事に融合、炸裂した聴き応えのある1枚に仕上がっている。

10月1日には、結成2周年を記念したワンマンライブ【インナージャーニーといっしょ vol.2】の開催を渋谷WWW Xで予定しているというインナージャーニーは、間違いなく、2021年、もっとも目が離せないバンドの1組として、ますます注目を集めるだろう。

なお、ヴォーカルのカモシタサラは、バンド活動と並行して、ソロでの弾き語りライヴでも活動し、ドラムのKaitoは俳優・櫻井海音として、現在、フジテレビの月9ドラマ『ナイト・ドクター』に出演するなど、個々での活躍にも期待が集まる。


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました