GLAY、4ヶ月連続配信ライブ最終公演・TERUプロデュースの第4弾をビルボードライブ東京にて開催

GLAY

Photo by 岡田裕介

GLAYが4ヶ月連続で行っている配信ライブの第4弾「GLAY THE ENTERTAINMENT STRIKES BACK LIVE at HOME Vol.6」が、6月18日(金)にビルボード東京ライブにて開催され、6月26日(土)に配信された。4ヶ月を締めくくる本公演は、TERU(Vo.)の作曲楽曲のみで構成され、ライブプロデュースもTERUが担当している。また本公演は、配信ライブ第3弾に続き、有観客でも開催された。

今年2021年に発表したテーマ「THE ENTERTAINMENT STRIKES BACK」(エンターテイメントの逆襲)の名の下、4ヶ月連続配信ライブ最後の公演が始まった。

夜空をイメージしたかのようなステージセットの中、美しい鍵盤ソロが奏でられると、『傷だらけの太陽』で本公演は幕を開けた。ストリングスを加えたスペシャルなアレンジで演奏されると、TERUの「Thank you」の声に続き、2曲目の『BLAST』に突入。赤い照明に照らされ、TERUもタンバリンを叩きながら力強く歌い上げる。
「皆さん、GLAY THE ENTERTAINMENT STRIKES BACK LIVE at HOME Vol.6にようこそ。梅雨の時期ではありますが、今日は晴天。そんな日にとっても似合う曲をお送り致します。」と挨拶を挟み、3曲目の『BLEEZE』を披露。初夏を感じるような爽やかな演奏だった。

曲が終わると「え〜、皆さんお久しぶりです。元気してました?」とTERUが問いかけ、「なかなか思うように活動できない時期ですけど、こうやって動くことによってみんなとずっと繋がっているような感覚や喜びを感じさせてもらっています。150名のお客さんの目の前で見てもらえる喜びを曲たちに詰め込んでお届けしますので、是非楽しんで下さい。」とファンへの感謝を語った。

「この曲を選んだから晴れたのかな?」という声と共に『空が青空であるために』を演奏。太陽に照らされた青空の下にいるかのような演出で楽曲を終えると、赤いスポットが村山☆潤(Key.)に当てられ、またも鍵盤ソロが披露された。続けての『I will〜』はストリングスのアレンジとTERUのしっとりした歌声に引き込まれる。
一度暗転した後、雨の音からスタートしたのは『RainbirD』。続いて東京の街を背景に、イントロのピアノ、ストリングス、ギターの掛け合いが印象的な『COLORS』、そして『the other end of the globe』が演奏された。

公演終盤、「声は出せませんけども、手拍子はできますんで。OK!いきましょう!」というTERUの掛け声と共に流れたのは『週末のBaby talk』だ。曲中にバンドメンバーの紹介もされ、盛り上がりは最高潮へ。TERUも手拍子と一緒にタンバリンを楽しそうに叩き、ファンとの時間を楽しんでいるようだった。ラストの曲は『YOUR SONG』。未来に向かう明るいメッセージを歌い全員で最後の曲を楽しんだ後、TERUの「サンキュー!愛してるぞ!」という言葉で、幕を閉じた。

4ヶ月にわたり開催された「GLAY THE ENTERTAINMENT STRIKES BACK」公演。第3弾からは念願の有観客でも行われ、まさに"エンターテイメントの逆襲"という名にふさわしいライブだったと思う。

ここから8月18日(水)に59thシングル『BAD APPLE』、10月6日(水)に16thオリジナルアルバム「FREEDAM ONLY」をリリースするGLAY。7月31日(土)には『サントリー ザ・プレミアム・モルツ 』シリーズ各種購入者限定ONLINE LIVE「GLAY×THE PREMIUM MALT’S The Premium Live」も予定されている。今後も彼らの活動から目が離せない。

続きの画像はこちら
タイトルとURLをコピーしました