One Night STAND × early Reflectionによるライブ配信『One Night STAND Live』第3弾に(夜と)SAMPOが登場!

(夜と)SAMPO

(夜と)SAMPO

『One Night STAND Live』の第3弾アーティストとして、(夜と)SAMPOのライブ音源の配信及び映像が公開された。

『One Night STAND Live』は、2019年3月より始動してきたライブイベント「One Night STAND」と、音楽配信を通して新世代アーティストを発掘・サポートする、PR型デジタルディストリビューションサービス「early Reflection」がコラボレーションをし、ネクストブレイクアーティストによるライブを"音源・映像"で発信する、新たな形のライブプロジェクト。『One Night STAND Live』のために収録されたライブの映像を、YouTubeにて公開するとともに、そのライブ音源はearly Reflectionを通じて、各種配信サイトにて配信される。

そんな『One Night STAND Live』第3弾アーティストとして登場したのは、関西最大級の音楽コンテスト『eo Music Try 20/21』でグランプリを獲得し注目を集めている5人組インディーズバンドの”(夜と)SAMPO”。彼らの人気曲でもある「革命前夜」、ドラマチックなミドルバラード「惑星」の2曲のライブパフォーマンスが、『One Night STAND Live』として配信される。

ライブで魅せるエモーショナルなパフォーマンスを、映像と音で是非体感して欲しい。

『(夜と)SAMPO〜One Night STAND Live〜』レビュー

なかのいくみ(Vo/ex.加速するラブズ)、吉野エクスプロージョン(Gt/ex.ハンブレッダーズ)を中心に、加藤秋人(Ba)、寺岡純二(Dr/ex.フィッシュライフ)、清水昴太郎(Key/irummi)らにより2019年に結成。2021年2月に開催された関西最大級の音楽コンテスト『eo Music Try 20/21』では見事グランプリを獲得。なんてメンツと実績を並べれば、そりゃ期待するに決まってる。

だが、そんな浅はかな期待を軽々超えていくイントロから、高まる予感しかない躍動するビートと、疾走感×高揚感もろともヒットポテンシャル溢れるグッドメロディをぶち込んだ「革命前夜」で、(夜と)SAMPOはいきなり本領を発揮。楽曲の世界観を歌声のみならず全身で表現するようなポップアイコンとしての引力、エモーションを音で描かせたら関西のシーンで彼の右に出る者はいない(!?)ギタリストとしての華…ステージに立っている必然をまざまざと感じさせる5人の混然一体のパフォーマンスの連続に、各方面から熱い視線が注がれるのも大いに納得。

一転、ロマンチックでドラマチックなミドルバラード「惑星」では、静寂の中をうごめくリズムとメロウネスで魅了。いつまでも絶えることのない最長不倒の余韻を響かせるなど、バンドの静と動の両面で、その真価を見せつける。日常にこそ、ファンタジーがある。散歩のように無目的な行為にこそ気付きが、本質が潜んでいるというバンド名に込められた想いは、その音楽にしっかりと落とし込まれていた。

(奥“ボウイ”昌史 @oku_boy)

【リリース情報】
『(夜と)SAMPO〜One Night STAND Live〜』配信中
https://lnk.to/YORUTOSAMPO_ONSL
M1.革命前夜
M2.惑星

『moonlight』配信中
https://lnk.to/_moonlight

【(夜と)SAMPO公式SNS】
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCxk-gbCNBl0PWCDHzA_qd7w
Twitter:https://twitter.com/yorutosampo
Instagram:https://www.instagram.com/yorutosampo/

◆◆One Night STAND◆◆
「ある一夜。舞台はライブハウス。ニューカマーなアーティストと作り上げるワンナイトなスペシャルイベント。」 として2019年3月より始動。
「One Night STAND」は本来、バーやクラブで出会った見知らぬ相手と一晩限りの関係を持つことを意味する言葉だが、その意と裏腹にイベントだけで終わらない関係性を築いていけたら、という期待を込めている。

▼「One Night STAND」Twitter
https://twitter.com/info_onstand
◆◆early Reflection◆◆
演奏から作品が生まれるとき、空間表現(初期反射= Early Reflection)で音質が左右され、楽曲の方向性が決定づけられる。『early Reflection』はアーティストの音楽を彩る存在でありたい、また、作品に触れた初期衝動を尊重した戦略を実現したいという想いから命名。音楽配信を通して新世代アーティストを発掘・サポートする、新しいPR型デジタルディストリビューションサービスとして「early Reflection」を発表。
▼「early Reflection」HP
https://earlyreflection.com/

▼「early Reflection」Twitter
https://twitter.com/e_Reflection_

タイトルとURLをコピーしました