朝倉さやメジャーデビュー記念ライブ「皆と未来へ!朝倉さやコンサート〜みなとみらい駅下車、3分。感動、一生〜」が1年以上の延期の末、ようやく開催。「拍手ってこんなにあったかいんだなーって感じて、ステージに上がる前から泣きそうでした。」

 

 

朝倉さや

昨年4月1日にアルバム「古今唄集~Future Trax BEST~」でメジャーデビューした朝倉さや。

同月19日に予定されていたメジャーデビュー記念ライブ「皆と未来へ!朝倉さやコンサート〜みなとみらい駅下車、3分。感動、一生〜」が、このコロナ禍で2度の延期を余儀なくされ、1年以上経った今年6月27日にようやく開催された。

朝倉はメジャーデビュー以降もシングル「新・東京」を発表したり、WEBでのライブ配信などの活動を積極的に行ってきた。また、頻繁に自宅やスタジオで歌っている姿をYouTubeにアップし話題を呼んできた。自身のYouTubeチャンネルの登録者数は10万人を超えている。また、デビューアルバム「古今唄集~Future Trax BEST~」が今年発表された第13回CDショップ大賞の歌謡曲賞を受賞するなど、その実力が高く評価されてきた。

コロナの影響で、観客を入れての単独ライブはメジャーデビュー後今回が初めて。応援してきたファンをはじめとして、もちろん本人も、今回のコンサートは待ちに待った末の実現であった。

会場は横浜ランドマークプラザにあるランドマークホール。徹底した感染対策を行った上でステージの幕が上がった。

コンサートは、デビューアルバムの冒頭を飾る「AGRIMONY〜旅さあべ〜」から幻想的にスタート。

サポートは、朝倉を長きに渡ってサポートしているギターのアオキサトシとピアニスト山岡恭子。ドラムレスのシンプルな編成だからこそ、朝倉の歌声が心の琴線に直接伝わってくる。

「今日はステージに上がる前から泣きそうでした。拍手ってこんなにあったかいんだなーって改めて知りました。今日は、メジャーデビュー記念コンサートをついに開催することができた記念日です」

「前回のコンサートから一年半経ちました。チケット買って暖めてくれて、沸騰するくらいあったまったと思います。みんな今日までよくぞ元気でいてくれました。今日はいい日だずねー」

前半はアルバム「古今唄集~Future Trax BEST~」から「Mr.Mamurogawa」「River Boat Song」「酒田甚句」など民謡を独自の解釈で再構築、リアレンジしたFuture Traxを立て続けに演奏。「小さい頃から大好きな民謡です。声は出せなくても心のお囃子をお願いします」と紹介した宮城県の民謡「斎太郎節」では三味線の腕も披露した。

また、中盤では島倉千代子の「人生いろいろ」、石田あゆみの「ブルー・ライト・ヨコハマ」を披露。

後半は、民謡だけでなく、アルバムの最後を飾る「ハテナ」、自身が上京してきてどうやったら歌手になれるか模索した日々を綴った「さばの味噌煮」「ありがとさま」など自身のオリジナル曲を歌った。朝倉のオリジナルはどれも故郷や家族を想わせる不思議な暖かさに溢れている。

本編の最後に、「今まで出逢ってくれた皆様、ほんとうにありがとさまです。今日まで元気でいてくれてありがとさまです。この曲があったから皆様に出会う事が出来ました。自分の上京の時のことを歌った曲ですが、今、帰りたくても帰れなかったり、会いたくても会えないようなこの状況の中、現在とリンクするところもたくさんある曲で、本当に聴いていただきたい曲です」と感極まって言葉をつまらせながら挨拶し、最新シングル「新・東京」を歌った。

アンコールではアニメの主題歌を山形弁で歌った「タッチ」、オリジナル曲「おかえりmanzumamake」をアカペラで披露。また、当日はライブ生配信も行っていたが、配信終了後、会場の観客だけに向けて最後に山形の代表的民謡「花笠音頭」を歌い「シャンシャンシャン」を観客と一緒に手拍子で締めた。全22曲約2時間にわたるコンサートの幕を閉じた。

7月17日にはメジャーデビューアルバム「古今唄集~Future Trax BEST~」のアナログ盤が発売される。その天才的な歌唱力と唯一無二のクリエイティブで、新しい音楽ジャンルの開拓、能楽堂や田んぼ公演など様々な伝説を作ってきた新世代歌姫、朝倉さや。いわゆる「イマドキの女の子」ながら、幼い頃から培ってきた民謡、山形弁を通して日本の歌・文化を伝えていける希有な存在でありつつ、まだまだこれから先の活躍に期待が持てそうだ。

なお、本ライブのアーカイヴ映像が、6月28 日(月) 18:00から7月4 日(日) 23:59まで有料で視聴可能となっている。

詳しくは下記まで https://www.mahocast.com/at/live/1359/7081

続きの画像はこちら
タイトルとURLをコピーしました