新規ファンを「ゲッツ」!? 大石まどか・デビュー30周年記念シングルの ボーナストラックではダンディ坂野とあの名曲をコラボ!

大石まどか

今年でデビュー30周年を迎える、演歌歌手・大石まどか(48)が、8月4日(水)に新曲「茜の炎」を発売する。

大石は、1992年「演ドル」として「恋のしのび雨」でデビューし、第25回 日本有線大賞 新人賞受賞を始めとする、数多くの賞を受賞している。

30周年の大きな節目を迎える今作では、本格的な歌謡曲作品への挑戦にあたり「淋しい熱帯魚」をはじめとするWinkの楽曲や「残酷な天使のテーゼ」の作詩で知られる及川眠子を起用。

作曲は前作から引き続き、当代一のヒットメーカー幸耕平、アレンジは前作「曼珠沙華が咲いた」で妖艶な歌の世界を華麗に彩るアレンジをほどこす坂本昌之が手掛けている。

楽曲のテーマは一度は恋に破れ、もう恋なんてしないと思っていた訳ありの大人の女性が、再びの出会いから恋に落ちていく模様を描いた大人の純恋歌。

初タッグの作家陣を迎え、艶歌演歌のイメージからがらりと変わった歌世界を表現している。

今作に対し大石は「今年デビュー30周年を迎えることが出来ました。振り返るとあっという間のような長い道だったような不思議な感覚です。ファンの皆さま・そして関係者皆さまの応援があったからこそ、ここまで来ることが出来たと改めてお礼申し上げます。

そして「茜の炎」という素敵な楽曲を頂けたこと、ダンディ坂野さんとのデュエットで新しい世界に飛び込む機会を頂けたことで、さらに成長した大石まどかの魅力をご覧いただければ嬉しいです。これからも応援の程どうぞよろしくお願いします!」と意気込みを語っている。

カップリングには、これまでアコースティックライブ「生ラ!」で披露してきた数々のカバー曲の中から、「シングル・アゲイン」。更には【ボーナストラック】として収録される「愛が生まれた日」に同じ所属事務所のダンディ坂野が、デュエット相手として参加することが決定!

本日アーティスト写真とコメントが公開された。

ダンディ坂野は、「この度同じくサンミュージックプロダクション所属の大石まどかさんのデビュー30周年記念ボーナストラックに参加させていただくことになりました。とても嬉しく思います。精一杯歌っております。どうぞよろしくお願いします。ゲッツ!」とコメントしている。

発売日以降は、トークライブや、配信ライブが決定しているなど、30周年、話題が絶えない飛躍の年になりそうだ。


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました