才能あふれる若手フュージョンバンド”DEZOLVE”の中心メンバーであり、ドラマーである山本真央樹、初のソロアルバムリリース!

山本真央樹

今、最も注目されている若手フュージョンバンド「DEZOLVE」の中心メンバーでありドラマー、山本真央樹が1stソロアルバム『In My World』をリリースすることが決定した。さらにそのジャケット写真とアーティスト写真が公開された。

今年5月にテレビ朝日系列『関ジャム完全燃SHOW』にて放送された「アルバムを通して聴きたいJ-POP」12枚のうちの1枚として、昨年リリースされた最新アルバムDEZOLVE「Frontiers」が、音楽プロデューサー「ヒャダイン(前山田健一)」氏に激推しアルバムとして紹介され、そのアルバムに収録されている山本真央樹氏作曲の楽曲「re:fruition feat.やなぎなぎ」も大きく取り上げられた。

その後DEZOLVEのCD、配信セールスも売り上げが急増、人気急上昇の中で、満を持してのソロアルバムリリースとなる。

今作は、全10曲収録のアルバムとなっている。山本真央樹氏自身が音楽を作る上で色々な情景を思い浮かべて求める形にたどり着く、その道のりがアルバム全体で表現されている。

アルバムタイトル楽曲でもある、"In My World"はまさにそのたどり着くまでの物語を描いた壮大かつシンフォニックな組曲形式の作品で、「自分でしかない世界観」という一つのモチーフを原点に、幾多の変容を経て緻密かつ鋭い感性を研ぎ澄ませて完成させた各楽章により構成された22分以上に及ぶ超大作となっている。

一方で他楽曲は、作品を通して貫かれるCITY感覚にあふれ、躍動感がありキャッチーなメロディーを身にまとった革新的フュージョンサウンドを生み出している。

また、名実ともにトップクラスのサックスプレイヤー本田雅人(ex.T-SQUARE)、その盟友則竹裕之(ex.T-SQUARE)やBOWWOWのリーダーでギタリストの山本恭司、さらにDEZOLVEの北川翔也、友田ジュンなど豪華ミュージシャンが参加しており、このアルバムを鮮やかに装飾してくれている。
ソロプロジェクトをスタートしたドラマー山本真央樹の今後にますます注目が集まっている。


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました