「AKB48 Group Asia Festival 2021 ONLINE」にAKB48と7つの海外姉妹グループがオンライン上で大集結し力強いパフォーマンス!

©AKB48 GROUP ASIA FESTIVAL 2021 ONLINE executive committee

AKB48と7つのAKB48海外姉妹グループ(JKT48、BNK48、MNL48、AKB48 Team SH、SGO48、AKB48 Team TP、CGM48)は、オンライン上で大集結するイベント「AKB48 Group Asia Festival 2021 ONLINE」を2021年6月27日に開催。AKB48のコンサート会場・TOKYO DOME CITY HALL からアジアの各地域をつなぎ、オンライン上で総勢約150人のメンバーが集う、一大フェスが実現した。

オープニングでは国内のみならず世界でも人気の高いAKB48の代表曲「会いたかった」に乗せてAKB48のメンバーがTOKYO DOME CITY HALLのステージに登場。背景にはJKT48、BNK48、MNL48、AKB48 Team SH、CGM48のメンバーが映し出され、AKB48と海外姉妹グループの大コラボレーションのパフォーマンスでコンサートの幕が開けました。

「AKB48 Group Asia Festival」は2019年にバンコクと上海で実施、このたび3回目の開催となります。今回のテーマは「文化交流」。2019年の上海での公演に出演した久保怜音は「前回のアジアフェス でAKB48 Team TPのメンバーと仲良くなりました。今回再会することを楽しみにしていたので実際に会えなくて残念ではあるけどこういう形で参加できて嬉しい」とコメント。小栗は「これまで以上にメンバー同士の友情を深めながら、会場の皆さん、そしてオンラインをご覧になっている皆さんと同じ時間を共有出来ることに感謝しながら、素敵な時間を過ごしましょう」と盛り上げました。

コンサート前半は海外姉妹グループのライブパートに、AKB48のミニライブをはさみながら進行しました。ジャカルタのJKT48は3月にリストラクチャー行い、33人のメンバーで新たなスタートをきったばかり。パフォーマンスのテーマを「New Era」(新時代)とし、最新曲「Darashinai Aishikata(だらしない愛し方)」をはじめ4曲をビッグバンドアレンジで熱唱。貫禄のあるパフォーマンスで魅了しました。

同様にそれぞれのグループも独自に設けたテーマに沿って、個性のある、力強いパフォーマンスを披露しました。

そして中盤では各都市と中継でつなぎ、姉妹都市のメンバーとトークを行うという、オンラインならではの企画も。それぞれのグループの都市の一風変わったお祭りや面白いお祭りを紹介し、その土地の文化や風土を知ろうというもので、CGM48からはチェンマイの水かけ祭「ソンクラーン」の様子が紹介されました。ほかにAKB48 Team SHからは上海の「豫園(よえん)ランタンフェスティバル」が挙げられるなど、アジア各地の華やかなお祭りの話で、グループを超えたメンバーとの会話を賑わせました。

コンサート後半はAKB48のパート。パフォーマンスのテーマを「祭」とし、まず「恋のお縄」でお祭り気分を一気に加速させると、「チャイムはLOVE SONG」「メロンジュース」など日本の各地域で活動している5つの姉妹グループの楽曲を取り入れた10曲を披露。AKB48のコンサートではレアなラインナップとなりました。

また本コンサートはXRを用いた技術を使った演出も特徴の一つです。タケナカ社の技術協力のもと、インタラクティブツール「エモリス」を導入し、客席やオンラインで観覧している方からの応援コメントが、スクリーンに映し出されました。メンバー、会場客席のみなさま、そしてオンラインで視聴している方の全てが一体となったステージが実現しました。

エンディングではふたたび海外姉妹グループの映像を背景にして、「365日の紙飛行機」を全員で歌唱。岡田奈々は「AKB48は去年で15周年を迎えることができました。16年目も新しいステージに向かっていきたいと思いますので応援よろしくお願いいたします。来年の開催地がバンコクに決まったのでみなさん楽しみにしてください」と締めくくり、次回開催地に決まったバンコクでの再会を誓いました。

TikTokアカウントも開設  プロモーション企画「Hello, TikTok!We Are AKB48 Group!オンライン文化祭」

AKB48 Group Asia Festivalに出演するグループの全てのメンバーが投稿するTikTokのアカウントを開設しました。メンバー個々が得意な分野で動画を作成し投稿する形は、学校の文化祭のクラスで出し物のようなイメージで、わいわいと楽しむ企画となりました。

開始2ヶ月で700以上の動画を投稿、総合再生数3100万回、450万いいね、1200万コメント、1500万のシェアを獲得した人気アカウントに成長しました。

日々の投稿の♡(いいね)、コメント、シェアのそれぞれを1点としてカウントし、ポイントを競うという企画、題して「Hello, TikTok!We Are AKB48 Group!オンライン文化祭」を4月から実施。 グループ総合優勝と、ハッシュタグで指定した5つの個人部門賞(#dance、#sing、#cook、#fashion、#vlog)が設けられました。

コンサートの中盤ではグループ総合優勝を発表。5092万9661ポイントを獲得したBNK48が優勝となりました。優勝したグループには次回アジアフェスティバル開催都市の権利と、公式ソング制作およびメイン歌唱の権利が与えられました。

©AKB48 GROUP ASIA FESTIVAL 2021 ONLINE executive committee

TikTokアカウント名:AKB48G Asia Festival  https://www.tiktok.com/@akb48group_asiafestival

続きの画像はこちら
タイトルとURLをコピーしました