久保田麻琴と夕焼け楽団がBetter Daysレーベルに残した2作品を、久保田麻琴自身のリマスタリングにより、アナログリイシュー決定

エリック・クラプトン来日ツアーのオープニング・アクトや「ローリング・ココナツ・レビュー」の出演を経て、ロック・バンドとして脂の乗りきった時期に、細野晴臣、エイモス・ギャレット、ジェフ・マルダー、ロニー・バロンらをゲストに迎えて録音された、Better Daysレーベル第一弾作品「ラッキー・オールド・サン」。

細野晴臣、リヴォン・ヘルム、スティーヴ・クロッパー、ボビー・チャールズ、ロニー・バロンらをゲストに迎え、ニューオリンズ特有のリズム=セカンド・ラインを柱に、中華も沖縄も取り入れたチャンプルー・サウンドを展開する「セカンド・ライン」。

この日本のロック史の重要二作品を、久保田麻琴自らがリマスターし、日本コロムビアの熟練のエンジニア、武沢茂がカッティング。

二人の音の匠がこだわり抜き、オリジナル盤とはまた一味違った、聴き応え十分のヴァイナルに仕上がっている。

なお、これらは8/28(土)に開催される、日本が世界に誇るシティ・ポップの祭典「CITY POP on VINYL」の対象商品として発売される。

CITYPOP on VINYL 2021(8月28日発売)

ラッキー・オールド・サン(The Lucky Old Sun)
COJA-9423  ¥4,180(税抜価格:¥3,800)
Better Daysレーベル第一弾作品として「夕焼け楽団」名義でリリースされた、イーグルスやジャクソン・ブラウンを思わせるウエスト・コースト・サウンドの1977年作品。

ゲストに細野晴臣、エイモス・ギャレット、ジェフ・マルダー、ロニー・バロンらが参加。

「フォンキー・ウォーキン・ボーイ」「恋のスロー・ボート」「陽のあたるところへ」収録。

【オリジナル・リリース】YX-7200(1977/8/25)

A1. 陽のあたるところへ<The Storm>
A2. オー・スザンナ<Oh Suzanna>
A3. また吠えはじめたよ<Howl Again>
A4. ラッキー・オールド・サン<The Lucky Old Sun>
B1. フォンキー・ウォーキン・ボーイ<Fonky Walk>
B2. パラダイスへの道<Paradise>
B3. スモーキー・ジョーのカフェ<Smokey Joe's Cafe>
B4. 恋のスロー・ボート<Slow Boat Love>
B5. まぼろし<Illusion>

セカンド・ライン(Second Line)
COJA-9424  ¥4,180(税抜価格:¥3,800)
ニューオリンズ特有のリズム=セカンド・ラインに魅せられて作り上げた1979年作品。ニューオリンズや沖縄の独特のリズムを、フュージョン/ニュー・ウェイヴ時代のロックに昇華させた、唯一無二のアルバム。ゲストに細野晴臣、リヴォン・ヘルム、スティーヴ・クロッパー、ボビー・チャールズ、ロニー・バロンらが参加。「Roochoo Gumbo」「Dixie Chicken」「Iko Iko」収録。

【オリジナル・リリース】YX-5021(1979/11/25)

A1. ラプソディ
A2. Mama Liza's Cafe
A3. Hey! Pocky A-way
A4. Dixie Chicken~Swing Low, Sweet Chariot
B1. Roochoo Gumbo〜Hoodoo Chunko
B2. 黄河舟歌(Chine Boat Song)
B3. Lover Please~Stop That Train
B4. Iko Iko
B5. 一緒に歩いて!!
B6. Walking To New Orleans

発売・販売:日本コロムビア株式会社

■久保田麻琴と夕焼け楽団:アーティストページ
https://columbia.jp/artist-info/kubotamakoto/

タイトルとURLをコピーしました