【伶】E-girls、Flowerで活躍したボーカリスト伶(れい)ソロ初MV解禁!愛猫“きなこ”初出演!

伶

2020年末に解散したE-girlsのボーカリストとして主に活躍し、本格的にソロシンガーとしての活動に注力する鷲尾伶菜。

アーティスト名を「伶」(れい)として、昨秋活動をスタートさせると「Call Me Sick/こんな世界にしたのは誰だ」(佐藤大樹 (EXILE/FANTASTICS)橋本環奈主演)配信リリースやYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」に登場し、400万回再生を記録するなど大きな反響を得ている。

今年の3月に「伶 Official YouTube Channel」を開設しカバー動画の公開やゲーム実況生配信など、ボーカリストとしてより歌に向き合いメッセージを発信しながら彼女の趣味やプライベートが垣間見れるコンテンツで活発な動きをみせる伶のニューデジタルシングル「キミとならいいよ。」のMVが本日6月24日(木)21時にプレミア公開されることが決定した!

新曲「キミとならいいよ。」は、SIRUP、向井太一などの楽曲を手掛ける新進気鋭の次世代女性プロデューサーChocoholicと、NEWS ZEROや真相報道バンキシャ!のBGMなど数々の楽曲提供やアーティストプロデュースを手掛けるサウンドプロデューサーイケガミキヨシのタッグよる書き下ろし楽曲で『この時代に、人の温もりを感じられる楽曲』をテーマとし、伶も制作に積極的に関わった意欲作で、心地よいリズムと伶の表情豊かなあたたかい歌声をたっぷり堪能できる1曲に仕上がっている。

iTunes R&Bランキング1位/総合ランキング5位、LINE MUSICリアルタイムランキング2位、AWAリアルタイムランキング3位、レコチョク デイリーランキング8位にランクインするなどDL/STともに好アクションをみせている。

「キミとならいいよ。」は、伶ソロ初となるMVで『伶が見ている世界をテーマ』に、彼女の趣味であるカメラで撮影するシーンや愛猫のきなこ(サイベリアン)が初登場するなど、伶のパーソナルな面にクローズアップした、リラックスした雰囲気の映像に仕上がっている。

MVの監督は、Photographer/Video DirectorのAkihide MISHIMA(Styrism inc.)が手掛けた。

現在、伶のInstagramとTwitterでは、MVの場面写真を先行公開しMV公開のカウントダウンをおこなっているので、そちらも是非チェックしてみてほしい。

「キミとならいいよ。」MVフルは、本日6/24(木)21時、伶 Official YouTube Channelにてプレミア公開される。


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました