角松敏生 TOSHIKI KADOMATSU 40th Anniversary Live 横浜アリーナデビュー40周年記念ライヴ大盛況のうちに内終了!

角松敏生

撮影: ©岩佐篤樹

デビュー40周年を迎えたシンガー・ソングライターでプロデューサーの角松敏生が、6月19日に横浜アリーナ(横浜市港北区)で記念ライブを開催した。

新型コロナウィルス感染拡大防止のガイドラインに従い、会場規定の収容人数による集客ではあったものの、事前に全てのチケットはSOLD OUT、当日券の発売も全く無いという、40周年にかけるファンの期待は相当のものだった。

角松の周年ライブは、直近5年間の活動を凝縮する企画、そして、今までの軌跡を観客と共に振り返る一期一会の時間となっている。今回はガイドラインに従い、途中2回の休憩を挟まなければならない都合上、三部構成のステージとなった。

第一部は「Summer Medicine with The Big Band」と題し、2017年にリリースした30年前のギターインストアルバムをリメイクした『SEA IS A LADY 2017』、2018年は同様の企画にて30年前にプロデュースした

ビッグバンドのアルバム企画を角松版で再構築した「Breath From The Season 2018」を中心に構成。40周年ライブ、オープニングを飾るコーナーは、あの「キラキラした夏」を思い出す楽曲を豪華なビッグバンド編成で、
インストあり歌ものありと華やかでアグレッシヴなステージとなった。

第二部は「東京少年少女異聞」。音楽のライブが表現の司令塔となり、ダンスやアクトなど異なるエンターテインメントの技を束ねていくという、角松自身新しい試みとして考える複合エンターテインメントのプロトタイプを披露。

角松自ら脚本、演出、総指揮を手掛けた。そのテーマとして選ばれたのが2019年に発表した架空のミュージカルトラック「東京少年少女」。角松版「東京少年少女」を横浜アリーナのステージで見事に作り上げた。

第三部は「40th Anniversary Past & The Future」。デビュー曲「YOKOHAMA Twilight Time」からスタートし、各年代にリリースしたアルバムから1曲ずつ選曲し、次から次へとノンストップで演奏。

「TAKE YOU TO THE SKY HIGH」では、残念ながらコロナ感染防止対策の為、恒例の紙飛行機を飛ばす事は出来なかったが、お客さんのエア紙飛行機が印象的だった。終盤「ILLUMINANT」「WAになっておどろう」では、

ハローキティ、ディアダニエル、ポムポムプリンが応援に駆けつけ会場は一気にヒートアップ、東京少年少女ダンサーズと共にステージを彩り5時間を超える40周年ライブは無事終演を迎えた。

このスペシャルライヴの模様は、8月29日(日)にWOWOWで独占O.A.されることが決定したので是非チェックして欲しい。

角松敏生

撮影: ©岩佐篤樹

角松敏生

撮影: ©岩佐篤樹

<番組サイト> https://www.wowow.co.jp/toshiki-kadomatsu/
「TOSHIKI KADOMATSU 40th Anniversary Live」
2021年6月19日(土)開場14:00/開演15:00 会場:神奈川県横浜アリーナ

セットリストは次ページに掲載

タイトルとURLをコピーしました