AmPmがダンストラックシリーズ第二弾「New York City」を配信スタート! Music Videoも公開。

AmPm

デビュー曲「Best Part of Us feat. Michael Kaneko」を2017年3月にリリース以降、世界各国のリスナーを獲得してきた覆面ユニットAmPm(アムパム)。

本日6月18日にニューシングル「New York City」を配信スタート。同日にはトラックに合わせ、ニューヨークの街並みを映したMusic Videoも公開された。

本作は今年3月にリリースしたAmPm初のダンストラック「Tokyo」に続く第二弾作品。

AmPmが音楽スタイルに影響を受けたハウスミュージックの中心地ニューヨークを連想させる、テックハウス/ソウルフルハウスの要素を含んだダンサブルかつメロディアスな楽曲に仕上がっている。

また、ニューヨークは、AmPmが仮面を被り活動をするきっかけとなった彼らのルーツとも言える場所だ。彼らのニューヨークでの経験をまとめたものはnoteで公開中。

AmPm|note
AmPm【アムパム】 日本人二人組によるクリエイティブ ユニット。Spotifyでの総再生数が5,000万回を超え、海外リスナーを多く抱える。自身の楽曲のみらず、Afrojack、Nicky Romero等のRemixや平井堅、V6にも楽曲提供するなど、幅広い活動を行う。

これまでダンストラックを軸に多彩なゲストボーカルを迎え、グローバルに活動を行ってきたAmPm。

今後も、第一弾「Tokyo」、第二弾「New York City」に続き世界中を旅したAmPmが、インスピレーションを受けた世界の都市名を楽曲タイトルにしたダンストラックシリーズのリリースが予定されているので、彼らの軌跡とともに是非注目して欲しい。

Message from AmPm

都市の名前を冠したダンストラックシリーズの第二弾は「New York City」を選びました。この街はAmPmが結成される上で、多くの影響を受けた街の一つです。

これまで何度も訪れたことのある街ですが、常に私たちの背中を押してくれるような多くの刺激を受けてきました。

多様的で、力強さがあり、常に未来を見据えている雰囲気があるこの街をイメージして作った楽曲です。パンデミックの影響で、しばらく渡航することができませんが、この曲を聴きながら、みなさんが思い描くNew York Cityを想像して、旅をしている気分になってほしいなと思います。


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました