韓国人プロデューサー/DJのNight Tempo(ナイト・テンポ)による中山美穂の「昭和グルーヴ」、本日配信開始! 更に、オフィシャル・ビジュアライザー解禁! 加えて、Night Tempoからのコメント到着!

海外で巻き起こっているジャパニーズ・シティ・ポップのブームが日本のメディアでも紹介されている中、その象徴的な「プラスティック・ラブ」現象を巻き起こした立役者の一人=韓国のプロデューサー/DJのNight Tempo。

昭和ポップスを令和にアップデートする「昭和グルーヴ」シリーズ第8弾『中山美穂 – Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ』が本日配信リリースとなった。

発売を記念して「CATCH ME (Night Tempo Showa Groove Mix)」のオフィシャル・ビジュアライザーが公開されている。

角松敏生とダフト・パンクをこよなく敬愛するNight Tempoであるが、子供の頃に父親が日本への出張のお土産で買って来てくれたCDに収録されていた彼女の「CATCH ME」を聴いて衝撃を受け、中山美穂や作者の角松敏生の他の作品にも魅了され、更には昭和ポップス、そして昭和文化を掘り下げていく事となる。

そんな彼の「昭和キュレーター」としての原点となる楽曲の公式リエディットが実現することとなった。

<Night Tempoコメント>

初めて好きになった日本の音楽「CATCH ME」が、僕をここまで導いてくれました。

この曲を公式にリエディット出来る日が来て、とても感無量です。

これからも頑張って続けていきます!

因みにNight Tempoが選ぶ中山美穂のフェイバリット・アルバムは1988年発表の『Angel Hearts』。中でも彼が大好きな作曲家Cindy氏が手掛けた「Witches」が大のお気に入り。また中山美穂さんの昭和グルーヴが出来るのであれば、この曲もリエディットをしてみたいと語っている。

また、6月に入ってからも日本テレビ「ZIP!」やNHK「ニュース シブ5時」、テレビ朝日「サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん」といった番組で、シティポップ/昭和アイドルが海外や若い人の間で人気といった話題と共に、その火付け役としてNight Tempoの紹介が続いている。日本での来日ライヴが待たれるところであるが、それまでは韓国ソウルから世界に向けて昭和のキュレーションを続けていくNight Tempo。まだまだ続く昭和グルーヴ・シリーズ、そして目下制作中のオリジナル・アルバムに今後注目だ。

Official Visualizer

Night Tempo(ナイト・テンポ)プロフィール

Night Tempo

80年代のジャパニーズ・シティ・ポップや昭和歌謡、和モノ・ディスコ・チューンを再構築した「フューチャー・ファンク」の人気アーティストである、韓国人プロデューサー兼DJ。米国と日本を中心に活動する。竹内まりやの「プラスティック・ラブ」をリエディットして欧米でシティ・ポップ・ブームをネット中心に巻き起こした。昭和カセット・テープのコレクターでもある。昭和時代の名曲を現代にアップデートする『昭和グルーヴ』シリーズを2019年に始動。Winkを皮切りに、杏里、1986オメガトライブ、BaBe、斉藤由貴、工藤静香、松原みきとこれまで7タイトル、そして昭和アイドルのフォーカスした『昭和アイドル・グルーヴ』コンピレーションをリリース。2019年にフジロックフェスティバルに出演を果たし、同年秋には全国6都市を周る来日ツアーを成功させた。翌年2月には東京ドーム ローラースケートアリーナでバースデイ・イベントを開催。

■Night Tempo オフィシャルサイト/SNS
Official Website: https://nighttempo.com
Twitter: https://twitter.com/nighttempo

Instagram: https://www.instagram.com/nighttempo/
Facebook: https://www.facebook.com/nighttempo/
YouTube: https://www.youtube.com/nighttempo
Bandcamp: https://nighttempo.bandcamp.com/
Soundcloud: https://soundcloud.com/ntreboot

タイトルとURLをコピーしました