One Night STAND × earlyReflectionによるライブ配信『One Night STAND Live』第2弾にヒューマンビートボクサーSO-SOが登場!

「One Night STAND × early Reflection」による、ライブを"音源・映像"にして世に発信していくという、新たな形のライブ『One NightSTAND Live』の第2弾アーティストとして、ヒューマンビートボクサー”SO-SO”のライブ音源の配信及び映像が公開された。

当企画は、2019年3月より始動してきたライブイベント「One Night STAND」と、音楽配信を通して新世代アーティストを発掘・サポートする、PR型デジタルディストリビューションサービス「earlyReflection」がコラボレーションをし、ネクストブレイクアーティストによるライブを"音源・映像"で発信する、新たな形のライブプロジェクト。『One Night STAND Live』のために収録されたライブの映像を、YouTubeにて公開するとともに、そのライブ音源はearly Reflectionを通じて、各種配信サイトにて配信される。

今回登場したのは、口から出る音を元にループステーションを駆使した巧みな技で音楽を構築しパフォーマンスをする日本を代表するビートボクサー”SO-SO”。そんな彼の人気曲でもある「This is 8bit」と「Crazy Drive」の2曲のライブパフォーマンスが、『One Night STAND Live』として配信された。

彼の巧みなパフォーマンスを映像と音で是非体感して欲しい。

『SO-SO 〜One Night STAND Live〜』レビュー

SO-SO

ヒューマンビートボクサーのSO-SOが奏でる音とパフォーマンスに、カルチャーショックを受けた。彼の口から出てくる、いくつものビートと音色。目にも耳にも今まで経験したことがない刺激を感じる。何が起こっているのか頭で理解が追いつかないほどに、次から次へと神業が繰り出される。彼の凄さはそれだけではない。ループステーションという録音と再生を繰り返す機械を使ってライブを行うのだ。つまり1人でいくつものビートを奏でて、その場で録音をし音を加工し重ねていく。まるでリアルタイムで音源制作の現場を見せられているような感じ。それでいてライブとしての熱気もある。制作の面白さとライブの魅力がハイブリッドされたステージだ。『This is 8bit』ではいくつものリズムを口で奏でて人力EDMを創り出す。その場で録音した音に、すぐさまエフェクト加工して再生する。それによって人間の喉から出たとは思えない音質になる。それによって楽器の音とも打ち込みでプログラミングされた音とも違う独特な質感になる。それが個性的で面白い。ビートだけでなく様々な楽器の音を喉から再現するSO-SO。『Crazy Drive』では「これが人間の口から出ているの?」と驚くほどに様々な音色を生み出し、ループマシンで音を重ねていく。技術だけでなくセンスにも脱帽する。まるで楽器を使わずに1人でバンドをやっているような楽曲だ。技術と才能と個性が三拍子で揃っている。最新で最高のヒューマンビートボックスを奏でるSO-SOに、今まで感じたことがない衝撃を受けるはずだ。(むらたかもめ)


 


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました