西野カナ、SNSでの話題性を反映するSpotifyバイラルチャートに2週間30曲以上がランクインの快挙!

西野カナ

2019年2月より活動休止中の西野カナ。

6月1日に“サブスク全曲解禁”という2年ぶりの情報更新をして以来、『いまSNSで最も話題になっている曲』が反映される“Spotifyバイラルトップ50 JAPAN”というバイラルチャートにて、50位以内に西野カナの楽曲が30曲以上ランクインし続けており、“西野カナ祭り”現象が起こっている。

サブスクが解禁された6月1日に29曲がランクインし、6月2日には31曲となり、6月5日・6日には34曲がランクイン。

その後6月14日までの2週間、30曲以上がランクインし続けたのだ。

6月15日付のチャートも29曲と、その勢いは止まっていない。(2021年6月16日現在)

上位の常連曲は「Best Friend」「if」「会いたくて 会いたくて」「No.1」「GO FOR IT !!」「トリセツ」「遠くても feat.WISE」「Have a nice day」など、懐かしい初期の楽曲から最近の楽曲まで網羅している。

バイラルチャートとは「Spotify上から様々なSNSでシェア・再生された回数などのデータを元に、『いまSNSで最も話題になっている曲』をSpotifyが独自に指標化したもの」とのことで、再生ランキングそのままの「トップ50」と違い、楽曲の話題性が即時に反映されるチャートである。

活動休止中の2年間、復帰を待ちわびたファンの想いが溢れているということもあると思うが、“どの楽曲も口づさめる曲ばかり”と称される西野カナの楽曲は、コアファンでなくとも、その曲を聴いていた頃の恋愛や友達との思い出、卒業・入学・就職など人生の節目などを想い起させてくれるものとなっているようだ。

SNS上やYouTubeのコメント欄にも、「私の青春、恋をしている時はこの曲聴いてた。」「当時のこと思い出して泣きそうです。このMVもカラオケで何回見たことか!笑」「ぜんぶの曲にいろんな恋愛の思い出があって思い出す」など、当時の個人的な思い出が語られる投稿が非常に多い。

当時からの友達に、「この曲懐かしいね!あの時を思い出すね!」という会話や投稿から、バイラルチャートに楽曲がランクインしていくという仕組みなのだろう。

ヒット曲が多いことから、友達との共通の思い出の曲が沢山あるということと、共感性の高い歌詞が支持されていたアーティストでもあり、“恋や勉強や部活・就活など、がんばっていた自分の気持ちを代弁していた”と言える曲が多いことが、今でも西野カナが人々の思い出の一部となり、話題になり続ける理由なのかもしれない。

サブスク解禁によって、新たに西野カナを知った人にとっても、これからの生活に寄り添う楽曲が沢山あるはずだ。

■西野カナ ストリーミングはこちらから

Kana Nishino
Listen to content by Kana Nishino.

■西野カナ プロフィール

平成元年生まれ。三重県出身。

2008年にメジャーデビュー以降、リアルな恋愛観を綴った歌詞と類まれな歌声が話題を集め、女性ファンを中心にブレイク。

数々のファッション誌の表紙を飾るなど、ファッションアイコンとしても絶大な支持を集める。

2010年、失恋ソング「会いたくて 会いたくて」が500万DLを超える大ヒットを記録し、同曲を収録した2ndアルバム『to LOVE』は、90万枚を超えるヒットとなった。

楽曲のトータルDL数は5,500万DLを超えており、2014年以降は、飾ることのないカップルの心温まる愛情を描いたラブソング「Darling」や、なかなか男性に伝わりにくい女性の心を取り扱い説明書になぞらえて表現した「トリセツ」など、その独特なリリック手法で、老若男女問わず、幅広い層より支持を集めるようになった。

2016年末には、シングル「Dear Bride」にて『第49回日本有線大賞』の大賞、シングル「あなたの好きなところ」にて『第58回 輝く!日本レコード大賞』の大賞を受賞。

2017年夏には、平成生まれの女性ソロアーティスト初となる東京・大阪ドーム公演を開催。

2018年にはベストアルバム『Love Collection 2 ~pink~』『Love Collection 2 ~mint~』の2枚を同時発売。

オリコン週間アルバムランキングで初登場1位2位を獲得。前作のベストアルバム以来の1位2位独占となり、同一アーティストによる2度の1位2位獲得はソロアーティスト史上初となる。

2019年2月より、活動を休止中。

タイトルとURLをコピーしました