エビ中小林歌穂、なごみのぽーちゃんワールド全開でファンを魅了! 6回目の生誕ソロライブ「ぽーランド! 6!!!!!!」を開催!

私立恵比寿中学

私立恵比寿中学(略称:エビ中)の小林歌穂が6月10日(木)にZepp Tokyoにて生誕ソロライブ「ぽーランド!6!!!!!!」を開催した。

グループメンバーのバースデーに合わせ、自身のプロデュースで個性溢れる内容が好評の生誕シリーズ。

本公演はタイトルにもあるとおり、6回目となるバースデーライブ。6月12日の21歳の自らのバースデーを前に、今年もぽーちゃんワールドあふれる世界を展開した当日夜公演の模様をリポートする。

会場のZepp Tokyoは先月、無観客でのメジャーデビュー9周年ライブが行われた場所であったが、今回は会場を埋め尽くしたオーディエンスがやさしく小林を待つ静かな熱気に溢れていた。

オープニングは得意のイラストが満載のオーディエンスへの感謝のメッセージが上映されたのち、スタイリッシュな衣装で小林歌穂が登場。2015年リリースのエビ中のユニットアルバム、さいたまスーパーアリーナ盤に収録された曲「ぐらりぐら想い」でライブがスタート。

松任谷由実の「ダンデライオン」をしっとりと披露したところで、ファンキーな音効マシンを使ってのご来場感謝のごあいさつに、会場が笑いにつつまれた。

「のほほんとしてもらって。寝てもらっても大丈夫なんで。」という小林らしいメッセージのあとには、エビ中の「お願いジーザス」へ。続いてミラーボールが幻想的に廻る中、彼女が敬愛する吉澤嘉代子のカバーを披露。そして得意のお絵描きコーナーへ突入。昨年は初の個展を開いた彼女の才能がさく裂した楽しい時間となった。

アルバム「金八」に収録のエビ中のせつない名曲「フユコイ」に続いて、ウクレレを携えてつじあやののカバーを披露。キャラクターにぴったりの選曲に会場は和やかな空気につつまれた。

ウクレレは弾いていないことをわざわざ発表するという小林らしいMCから、中山莉子が撮影した生写真の告知をさりげなくはさみつつ、チャットモンチーのカバーへ。この流れで高橋久美子作詞のエビ中のサマーアンセム「青い青い星の名前」でオーディエンスのクラッブをさそい、会場の一体感が増したところに、2コーラス目からサプライズでまさに中山莉子が登場。生写真振りという匂わせからの、カホリコの息の合ったハーモニーを見せてくれた。

2人によるMCでは今日中山莉子が着ているのワンピースとスニーカーには歌穂が色をつけたというエピソードを披露したところで、20歳収めのコーナーへ。さまざまな遊具でお互いの指示で遊び倒すという斬新な企画に会場の笑いを誘っていた。

そしてユニット曲「リフレインが、ずっと」をしっとりと披露して、エンディングに同期の絆を象徴する笑える写真を公開し、恒例の「ぽーランド」国家斉唱のコーナーへ。マスク越しに声は出せないオーディエンスも、心の中で歌ってもらうという企画で会場はひとつに。

ここで中山莉子を送り出しつつ、いよいよ最後のMCへ。

あらためて、「日々のストレスをちょっとでも忘れてくれるとうれしい。」というメッセージとともにエビ中のエモ曲「ポップコーントーン」で6回目のソロライブを締めくくった。

なお、私立恵比寿中学は、5月5日のメジャーデビュー9周年ライブにおいて、約5か月にわたるオーディションを勝ち抜いた、7年ぶりの新メンバー3名を迎えることが発表され、9人のメンバーによる新体制となった。

8月21日には2年ぶりの夏の野外イベント「みらいに響け、みなとのPLAYGROUNDこと ファミえん2021 in 赤レンガ倉庫」(神奈川県・横浜赤レンガパーク特設会場)を開催し、新メンバーの初パフォーマンスを披露する。

それに先立ち、8月18日(水)に新メンバーを迎えた新曲「ファミえん‘21のテーマ」を含む、これまでのファミえんのテーマのベストソング集ともいえる内容のCDアルバム「FAMIEN'21 L.P.」をリリースすることもアナウンスされている。

初期作品はメンバー全員でボーカルを完全再レコーディングするなど、数々の名曲が新体制9人の歌声で生まれ変わるので、こちらの作品にも注目してほしい。

関連写真

私立恵比寿中学
タイトルとURLをコピーしました