大比良瑞希、最新シングルは盟友origami PRODUCTIONS のMichael Kanekoをプロデュース&ヴォーカルに迎えたデュエット・ソング!! すれ違う男女の心模様を往年のAOR、シティ・ソウルを彷彿させる最新型ヨット・ロック・サウンドで描き出す究極のサマーチューン『HOLIDAY』、本日6月9日にデジタル・リリース!

大比良瑞希

『遠回り』『ダージリン』に続き、早くも配信される大比良瑞希、2021年第三弾シングルは湘南生まれ、南カリフォルニア育ちの日本人シンガーソングライター、清涼感を有したシルキー・ヴォイスが魅力のMichael Kanekoをプロデュース&ヴォーカルに迎えた、これからの季節にピッタリのデュエット・ソング!

恋人たちの思い出の映画をモチーフに、すれ違う男女の心模様をメロウでスムースな往年のAOR、シティ・ソウルを彷彿させる最新型ヨット・ロック・サウンドで描き出す2021年最強のサマーチューン『HOLIDAY』(feat. Michael Kaneko)』、本日6月9日にデジタル・リリース!

それに伴い久々に6月17日には渋谷 TOKIO TOKYOのイベント【MELLOW YELLOW supported by FIRST FINDER】に弾き語りにて出演!

更に続く6月18日には大比良瑞希が「ジョニーウォーカー」配信ライブシリーズ“The LIVE-HOUSE”の記念すべき第1回目に出演し、『HOLIDAY』初披露も噂される小編成による一期一会のパフォーマンスを披露予定!

次世代型シンガーソングライター、大比良瑞希の2021年は2月『遠回り』、3月『ダージリン』という2ヶ月連続デジタル・リリースでスタートした!

SIRUP擁するSoulflexのメンバー、盟友、ZINをコーラスにフィーチャーし、同じくZINの楽曲も手掛けるギタリスト、野村帽子をプロデューサーに迎えたアーバンなファンク・チューン『ダージリン』は数々の人気プレイリストにも取り上げられてspotifyでは既に22万再生を超えている!

そんな現在進行形のシティ・ポップを紡ぐ次世代型シンガーソングライター、大比良瑞希がこの夏におくる2021年第三弾シングル!

湘南生まれ、南カリフォルニア育ちの日本人シンガーソングライター、清涼感を有したシルキー・ヴォイスが魅力の盟友origami PRODUCTIONS のMichael Kanekoをプロデュース&ヴォーカルに迎えた、これからの季節にピッタリのデュエット・ソング『HOLIDAY』(feat. Michael Kaneko)がいよいよ6月9日にデジタルリリースとなる!

恋人たちの思い出の映画を巡る大比良瑞希とMichael Kanekoの交互に繰り返すエモーショナルな歌が、すれ違う男女の心模様をメロウでスムースな往年のAOR、シティ・ソウルを彷彿させる最新型ヨット・ロック・サウンドに乗せて描き出す2021年最強のサマーチューンに仕上がっている。

誰もが経験する、あんなに好きだったはずなの何故かすれ違う二人の恋の倦怠を、思い出の映画に対する男女の見解の違いをモチーフに、瑞々しくもリアルに紡ぎ出していくストーリーが聴く者の共感を喚起する、まさに普遍的なLOVE SONGと言えよう。

全体のサウンド・プロデュースも手掛けたMichael Kanekoが奏でる、まるでいつか観た映画の中の登場人物のカップルが掛け合う台詞のような歌詞世界をオブリガードする、80’sムード溢れる硬質なギター・サウンドが心地よく響くのがとても印心象的である。

2021年の大比良瑞希はWOMANをキーワードに作品を作り続けており、今回はこれまでの女性による一人称的な2曲とは趣を異にし、男性の視点を加味し、スタイリッシュなヨット・ロック・サウンドに大比良のエモーショナルでスモーキーな歌声とMichael Kanekoのシルキーでファルセットな歌声が奇跡的な化学反応を生み出し “明けないHolidayラストの違うエンドロール”と繰り替えすサビのリフレインがこのコロナ禍の閉塞感とも相まって男女の終わらないHoliday、いつまでも先の見えない未来を暗示させる。

そして間奏のサウダージなスキャットパートからエンディングへなだれ込む大比良とMichael Kanekoによる哀愁を帯びた、魅惑的なコーラスパートにも注目して欲しい。

またジャケットでは前回の『』遠回り』『ダージリン』に続き今回は男女を思わせる2体のTeddy bearをフィーチャーしており、この独特の存在感を有したとても印象的なぬいぐるみは、そのインスタグラムが内外のアーティストを中心に話題となり俄然注目を集める新進気鋭のぬいぐるみ作家、Nuiguruの手によるオリジナルの作品を使用している。独学でぬいぐるみ制作をはじめ、オリジナルのデザイン画から全て彼女一人の手作業のみでクリエイトされたという謎の生物とでも言うべききキュートでストレンジな、むしろ人間よりも俄然人間味を有した倦怠をも感じさせるそのアンニュイな表情が、『HOLIDAY』のクールなサウンドとすれ違う男女の感情の機微に更なる余韻を与えることに成功している。

デザインはアルバム 『IN ANY WAY』と同じく、スチャダラパー、NONA REEVES、ASA-CHANG & 巡礼、ナツ・サマー、一十三十一らのカヴァー・アートやマーチャンダイズを手がける田口 陵(CIDER INC.)による。

このリリースに伴い久々に6月17日に渋谷 TOKIO TOKYOのイベント【MELLOW YELLOW supported by FIRST FINDER】に弾き語りにて出演!

さらに6月18日には大比良瑞希が「ジョニーウォーカー」配信ライブシリーズ“The LIVE-HOUSE”の記念すべき第1回目に出演決定!『HOLIDAY』初披露も噂される小編成による一期一会のパフォーマンスを披露予定!

大比良瑞希は今後も都会に生きる女性、”WOMAN”をテーマにした楽曲を数々の素晴らしいゲストを迎え今後も次々と発表していく予定である。

今年も早くも半分が過ぎたが更に勢いづく大比良瑞希の動向から一瞬たりとも目が離せない。

タイトルとURLをコピーしました