エビ中、いつもとは違った斬新なステージで、ニコ生同時視聴2万人超え!「動きで魅せるコンセプトライブ」初日公演を満員の大宮ソニックシティで開催!

私立恵比寿中学

私立恵比寿中学(略称:エビ中)が本日、Concept Live~MOVE~初日公演を大宮ソニックシティ 大ホールで開催した。

このライブは、今年3月に出演し、その斬新なステージングで各方面から評価が高かったDive/Connectでの演出を担当したU-SK氏を再び演出監督に迎えて展開する、大宮、川崎、名古屋の3回のみの貴重なコンセプト・ライブ。

いつものステージとは一味違った、まさにエビ中を「動き」で見せる注目のライブとなっている。

本日のライブはひさしぶりの満員の有観客に加え、ニコニコ生放送による無料配信も実施され視聴者数は2万人を超えた。(安本彩花、新メンバーの出演はなし。)

前半は惜しみなくアゲ曲を新しい演出でどんどん魅せていくという、スピード感あふれる展開に観客のボルテージは一気にあがる。

MCではメンバーがひさしぶりの満員の観客に感激し、あらためて感謝の気持ちを伝えると会場はあたたかい空気につつまれた。

中盤ではひさしぶりのユニットによるパフォーマンスを披露。その後はクイズコーナーや振り付け講座、しっとりコーナーなど、飽きさせることなく、次々と新しい企画を展開した。そして、最後の曲は会場のお客さんの割れんばかりのクラップに乗せて、渾身のパフォーマンス。会場の一体感は最高潮に達して、全20曲のパフォーマンスを終えた。

お別れのMCでは星名美怜が「約2年前は当たり前だったこの満員の光景が、かけがえのないものであるという気持ち、ファミリーのみんながいるから前に進んでいける。」という感謝の気持ちをあらためて伝え、今後の9人体制での活動への期待も付け加えて、ライブは終了した。

私立恵比寿中学は、5月5日のメジャーデビュー9周年ライブにおいて、約5か月にわたるオーディションを勝ち抜いた、7年ぶりの新メンバー3名を迎えることが発表され、9人のメンバーによる新体制となった。

8月21日には2年ぶりの夏の野外イベント「みらいに響け、みなとのPLAYGROUNDこと ファミえん2021 in 赤レンガ倉庫」(神奈川県・横浜赤レンガパーク特設会場)を開催し、新メンバーの初パフォーマンスを披露する。

それに先立ち、8月18日(水)に新メンバーを迎えた新曲「ファミえん‘21のテーマ」を含む、これまでのファミえんのテーマのベストソング集ともいえる内容のCDアルバム「FAMIEN'21 L.P.」をリリースすることもアナウンスされている。

初期作品はメンバー全員でボーカルを完全再レコーディングするなど、数々の名曲が新体制9人の歌声で生まれ変わるので、こちらの作品にも注目してほしい。

私立恵比寿中学 私立恵比寿中学 私立恵比寿中学


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました