宏洋、中村ゆうじ&”兄クロード”こと絹張慶が映画『グレーゾーン』舞台挨拶に登壇!

観る者の予想を根底から覆す、エンターテイメント・サスペンス・アクション映画『グレーゾーン』の公開2日目の舞台挨拶に、監督・脚本・プロデュース・主演の宏洋、黒崎家当主・黒崎弦信役の中村ゆうじ、白川組幹部・慶次役の絹張慶が登壇した。

監督・脚本・プロデュース・主演の宏洋が演じた主人公・灰原龍が使えることになる極道・黒崎家の当主・黒崎弦信を演じた中村ゆうじは、「今まで極道の役はあったけれど、組長役は初めて。」とのこと。宏洋によると、「60歳位の方で、殺陣のシーンができる方を探していて、古武術などアクションができるということでキャスティングした」とのことで、中村は、「もともとパントマイマーなので、武術を勉強するのが好きで、若い頃から色々とやっているんですけれど、僕はアクションができるということを表に出していないので、知られていないんです。隠し味として自分の中でとっておいたものなので、初めて色々やらせてもらって、活用できて楽しかったです」と満足気だった。

本作には、ドラゴン細井、コバショーこと小林尚、メンタルドクターSidow、えらいてんちょう、升澤裕介(まっすう)、TOMOKINら人気YouTuberたちが集結していて、白川組幹部・慶次役の絹張慶は、登録者数が675万人を超えるFischer’sのメンバー・シルクロードの実兄で“兄クロード”として有名だが、絹張はYouTube以外の映像に映るのは今回が初めて。本職はパーソナルトレーナーで、毎週宏洋のトレーニングを担当してもらっている繋がりで、本作への出演が決定したそう。上記YouTuberたちは、本名を文字った役名で出演しているが、絹張は、絹村慶次という役名で、「ほぼ本名ですからね。」「でも、劇中で役名を言われたことは1回もなかった」と宏洋をツッコんだ。

絹張は、「監督からは『普段通りでお願いします』と言われたので、普段通りでやらせていただいたんですけど、台本を頂いた時に、『俺、こんなに怖く見えてるんですか?』と思った。」と言い、会場は笑いに包まれた。YouTubeで予告編が解禁された時も、「兄クロード、こわっ」というコメントがあったそう。

絹張はトレーナーになる前は、海外でも試合をしていた元格闘技の選手。「”本当に当てる”練習ばかりしていたんです。”当ててはいけない”という”アクション”との違いに最初かなり戸惑いました。」と、映画のアクションについて言及。浪花ゆうじとの共演に関しては、浪花が出演している作品を両親が見ていたので、『あの人の髪の毛を今から掴むんだ』と緊張したそうで、「浪花さんが『思いっきりひっぱっていい』と言ってくれたので、思いっきりいきました」と裏話を披露した。

本作は大どんでん返しがある作品。最後に宏洋が「2回目に見た時に、『アイツ、この時嘘ついてたんだ』など分かりやすくなると思うので、ぜひ他の人を誘ってまた来ていただければと思います」と熱いメッセージを送り、舞台挨拶は終了した。

映画『グレーゾーン』はシネマハウス大塚にて6/18まで公開中ほか全国順次公開!

タイトルとURLをコピーしました