古坂大魔王、昨年に引き続き「異能vation」推進大使に就任! ICT分野におけるイノベーション創出を目的とした2部門の公募をスタート!

古坂大魔王

お笑い芸人の古坂大魔王が、昨年に引き続き4年連続で総務省『異能vation(イノウベイション)』プログラムの推進大使に就任した。

「異能vation」 とは、ICT(情報通信技術)分野において、破壊的な地球規模の価値創造を生み出すことを目的とした、総務省プロジェクトだ。

本日2021年6月1日(水)より、最大300万円の支援を実施する「破壊的な挑戦部門」と、協力協賛企業がアイデアや技術を表彰する「ジェネレーションアワード部門」の2部門の公募がスタート。

地球規模展開を促す取り組みとして、応募者の国籍・居住地の制限を設けず世界同時に受付を開始している。

古坂大魔王は、「「このアイデアって、何の役に立つんだろう?」そう思ってる方!大丈夫!変人はあなた以外にも沢山いますよ!どんな小さなことでもいいので、広がりを信じて!あなたの異能、お待ちしております!」とコメント。

「異能vation」の公募期間は、6月1日~8月2日までとなっている。

今年もコロナ禍は続いているが、今を乗り切るために考えた挑戦・アイデアがある人は是非「異能vation」にぶつけよう!

「異能vation」公式サイト

異能(Inno)vation | 独創的な人特別枠
異能vationプログラムは、ICT(※)分野において破壊的な地球規模の価値創造を生み出すために、大いなる可能性がある奇想天外でアンビシャスな技術課題への挑戦を支援します。

古坂大魔王コメント全文

毎年驚かされる企画が満載の「異能vation」ですが…

このご時世、そのようなアイデア達が世界を救う可能性があると私は考えております。

「このアイデアって、何の役に立つんだろう?」

そう思ってる方!

大丈夫!変人はあなた以外にも沢山いますよ!

どんな小さなことでもいいので、広がりを信じて!

あなたの異能、お待ちしております!

古坂大魔王プロフィール

1973年生まれ。お笑い芸人。世界的シンガー・ソングライター「ピコ太郎」のプロデュースや、様々なアーティストや著名人への楽曲提供、経済討論番組や情報番組のMC、コメンテーターなど、活動は多岐にわたる。2017年にピコ太郎が外務省のSDGs推進大使に就任したのを機に、自身も各所でSDGsに関連した活動に従事。2021年には、UNEP(国連環境計画)サステナビリティアクションのアドバイザーに就任した。2児の父親として育児にも精力的に取り組み中。

タイトルとURLをコピーしました