LDH新ガールズユニットiScream 6/23発売のデビュー作『Maybe...YES EP』より表題曲「Maybe...YES」先行配信!ミュージックビデオも解禁!!

iScream

LDH新ガールズユニットとして6月23日に『Maybe...YES EP』でメジャーデビューするiScream(読み:アイスクリーム)。

LDHが2018年に開催した「LDH Presents THE GIRLS AUDITION」で、エントリー総数約1万⼈の中からグランプリを獲得したRUI、ファイナリストに選出されたYUNA、HINATAの3人で2019年に結成されたユニットだ。

そんなiScreamのデビュー作『Maybe...YES EP』の発売に先駆け、表題曲「Maybe...YES」の先行配信が6/1より遂にスタートした。またミュージックビデオもYouTubeにて公開された。

現在Amazon Prime Videoにて配信中で今年テレビ東京でも放送が予定されているテレビ東京ドラマ『お茶にごす。』のエンディングテーマとしても放送されている同曲は、ラブソングの名手、小竹正人が作詞を手掛けており、淡く切ないラブストーリーが、iScreamのみずみずしいヴォーカル表現を通して、誰もが持つ初恋の記憶を鮮やかに呼び覚まし、現役高校生でもあるメンバーのまさに等身大とも言える内容となっている。

また、Rin音、空音、ヒプノシスマイク等に楽曲提供している令和世代のヒットメイカーmaeshima soshiによるドリーミーなトラックと、Spotify台湾バイラルチャート1位を獲得しアジアを中心に注目集めるシンガーソングライターOHTORAらが手掛けるCity Pop/Chill Beatsを通過したメロディーがあいまって、新感覚の優しいポップサウンドがここに結実。

そしてEXILE、三代目J SOUL BROTHERS、E-girlsなどのMVを手がけてきた久保茂昭氏監督によるミュージックビデオは、渋谷の街中を巨大なぬいぐるみを引きずり歩き、リアルな空間に現れるファンタジーな恋心をPOPに表現し、溢れる恋心をグラフィックアートで描き出すなど遊び心のあるストリートアートやファッションカルチャー誌のようなお洒落さと彼女たちの恋心が絶妙にリンクしたアーティスティックな作品になっている。

また『Maybe...YES EP』のジャケットビジュアルのイラストは80年代にパルコなどの広告で一世を風靡した山口はるみ氏による作品。日本のトップクリエイターとしてカルチャーシーンを牽引してきた立役者である山口はるみ氏と次世代アーティスト “iScream”の〈アート×音楽〉のコラボレーションでアーティスティックなビジュアル世界を展開してゆく。

なお、LINE MUSICでは『Maybe...YES EP』の発売を記念してiScreamメンバー全員の直筆サイン入りポスターが当たるキャンペーンを6/1より実施。iScreamの貴重なアイテムが手に入るチャンスとなっている。(詳細は下記リンクを参照)

平均年齢 16.7 歳ながら圧倒的な歌唱⼒と⾼いダンススキルを武器に、名前にも掛けた「i=愛」を「Scream=叫ぶ」をテーマに掲げ⽇本のみならず世界にも羽ばたこうとしているiScreamに要注目だ。

■「Maybe...YES」サブスク&ダウンロードリンク
https://ldh.lnk.to/MaybeYES

■LINE MUSIC「iScreamメンバー全員の直筆サイン入りポスターが当たるキャンペーン」リンク
https://www.iscream-official.com/post/line-music

■「Maybe...YES」タイアップ情報
テレビ東京ドラマ『お茶にごす』エンディングテーマ
配信日時:Amazon prime videoにて全12話配信中
放送日時:2021年テレビ東京にて放送予定
原作:西森博之「お茶にごす。」(小学館「少年サンデーコミックス)刊)


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました