大江千里の新作が完成!2年ぶりのオリジナル・アルバムは全曲N.Y.の自宅でセルフレコーディングに挑戦! 2021年のニューヨークへ、そして世界に向けての希望のサウンドトラック11曲を収録!

大江千里

大江千里がジャズピアニストに転身後7枚目となるオリジナル・アルバム『Letter to N.Y.』が7月21日に発売されることが決定した。

今作はコロナ禍のニューヨークで、自身もワクチン接種によるアナフィラキシーショックに見舞われる中、自身が住むN.Y.に想いを馳せ、自宅での巣籠レコーディングによりアルバムを制作。全て大江一人の演奏と録音により完成させたトラックを乃木坂のソニー・ミュージックスタジオに持ち込んでミックス&マスタリング作業を行っている。

アルバムタイトルは『Letter to N.Y.』。大江千里からN.Y.へ、そして世界の人々へ贈る音楽の手紙であり、希望のサウンドトラックである。先行トラックとなる「Out of Chaos」をはじめ大江自身が”Electric Senri Jazz”と銘打った新境地のサウンド10曲に、昨年5月のAP通信の特集<コロナ禍の中作られた40曲>にも選ばれ話題となった「Togetherness」を加えた全11曲の収録となる。ジャケットのイラストには新進気鋭のイラストレーターの水川雅也氏を起用。こちらにも是非注目して頂きたい。

詳細は特設サイト→http://www.110107.com/LTNY まで。

【商品情報】
○タイトル:「Letter to N.Y.」
○発売日:2021年7月21日
○価格:¥3,300(税込)
○品番:MHCL-30689
○発売:(株)ソニー・ミュージックダイレクト
○Blu-spec CD2仕様
<収録曲>
1. Letter to N.Y.
2. Good Morning
3. Out of Chaos
4. The Kindness of Strangers
5. The Street to the Establishment
6. Juke Box Love Song
7. A Werewolf in Brooklyn
8. Pedestrian
9. Staying at Ed's Place
10. Love
11. Togetherness

<プロフィール>

大江千里
おおえ・せんり

1960年生まれ。1983年にシンガーソングライターとしてデビュー。「十人十色」「格好悪いふられ方」「Rain」「ありがとう」などのシングルがヒット。

2008年ジャズピアニストを目指し渡米、NYのTHE NEW SCHOOL FOR JAZZ AND CONTEMPORARY MUSICに入学。2012年、大学卒業と同時に自身のレーベル「PND Records & Music Publishing Inc.」を設立。同年1stアルバム「Boys Mature Slow」でジャズピアニストとしてデビューを果たした。

2015年には、渡米からジャズ留学、大学卒業までを記した著書「9番目の音を探して 47歳からのニューヨークジャズ留学」(KADOKAWA)を発表。2016年夏、4枚目にして初の全曲ヴォーカルアルバム『answer july』を発売。

2018年1月に発売した「ブルックリンでジャズを耕す 52歳から始めるひとりビジネス」(KADOKAWA)では、海外で起業するその苦闘の日々を軽やかに綴っている。同年9月にはデビュー35周年記念作品『Boys & Girls』が大ヒットを記録。翌2019年にはN.Y.でひっぱりだこのドラマー、アリ・ホーニグとベーシストのマット・クロージーを迎えた初のピアノトリオ作品『Hmmm』を発表。同メンバーによるニューヨークの名門ジャズクラブ「バードランド・シアター」でのLIVEも成功させた。2021年3月には最新著作「マンハッタンに陽はまた昇る 60歳から始まる青春グラフィティ」(KADOKAWA)を発売した。

タイトルとURLをコピーしました