RYUTist 君島大空プロデュースによる新曲「水硝子」2021年6月29日(火) 12inch アナログ盤にてリリース決定! RYUTist10周年記念ライブの詳細も決定!

RYUTist

タワーレコード内レーベル「PENGUIN DISC」に所属する RYUTist(読み:リューティスト)が、5月9日にデジタル配信でリリースした新曲『水硝子』を2021年6月29日(火)に 12inch アナログ盤でリリースすることが決定した。

作詞・作曲・編曲を気鋭の音楽家、君島大空が担当した『水硝子』は、様々な音色や技巧を駆使した前衛的な楽曲でありながら、美しいギターの音色に透き通った RYUTistの歌声が水の中で揺蕩っているかのように混ざり合い、グループとしてこれまでになかった新たなアプローチにチャレンジした作品。

今回アナログ盤でのリリースにあたって、本楽曲と“ウ山あまね”による remix 楽曲に加え、デジタル配信には収録されていないインスト音源を加えた、全3曲でのリリースとなる。

ジャケットは配信と同じくコンテンポラリーアーティスト 岸裕真の作品を起用。

盤面の仕様は『水硝子』の世界観を踏襲したクリア・ヴァイナルで、高音質45回転盤となっているので、是非 RYUTist が送る透明感あふれる『水硝子』を高音質な 12inch ヴァイナルでお楽しみください。

『水硝子』
12inch アナログ盤サンプル画像
※サンプルのため実際の商品とは異なる場合がございます

また、2021年8月9日(月・祝)に開催される RYUTist デビュー10周年を記念した、ワンマンライブ「10th Anniversary RYUTist “HALL” LIVE@りゅーとぴあ 劇場」の詳細が決定。

昨年情勢を鑑みて惜しくも叶わなかったりゅーとぴあ劇場にて、グループとして約1年6ヵ月ぶりの有観客となる本イベントは要チェックです。


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました