AKB48 1年4ヶ⽉ぶりの単独コンサートで48曲ノンストップライブ! 演出は柏木由紀

ⒸAKB48

5月23日、1年4ヶ⽉ぶりのAKB48の単独コンサート『17LIVE presents AKB48 15th Anniversary LIVE』がぴあアリーナMMで行われ、コンサートの演出を柏⽊由紀が担当した。

15周年を迎えたAKB48。前⽇ 22⽇(⼟)に峯岸みなみの卒業コンサートを終え、1期⽣のいない初の単独コンサートとなりました。

本公演は最年⻑の柏⽊由紀が演出を担当し『今までのAKB48もこれからのAKB48も⼤切にしていきたい』という願いを込めた 1年4ヶ⽉ぶり(2020年AKB48単独コンサート@TOKYO DOME CITY HALL以来)の公演となりました。

オープニングは『愛の存在』でスタート。イントロが流れるとAKB48グループ総監督 向井地美⾳が「今⽇は48曲ノンストップで⾏きます︕みんなついてきてね︕」と挨拶し、メンバー全員(64名)がステージに登場。

2曲⽬の『⼤声ダイヤモンド』では、声を出せないファンに変わってAKB48恒例のファンの掛け声(MIX)を武藤⼗夢が⾏い、会場の⼀体感を⾼めました。

その後もメンバー全員で『サステナブル』『ずっと ずっと』『法定速度と優越感』とアップテンポの曲を⽴て続けに披露しました。

6〜14曲⽬のチーム曲ブロックでは、各チームごとにテンポ良く楽曲を披露。会場をペンライトでチームカラーに染め上げました。

15〜20曲⽬のユニット曲ブロックでは、加藤玲奈・武藤⼗夢・⼭内が『⿊い天使』を披露。妖艶なパフォーマンスでファンの視線を釘付けにし、千葉恵⾥はセリフを喋りながら『⼩池』でセンターを務めました。⼊⼭杏奈・⼩栗有以・柏⽊・⾕⼝めぐ・村⼭彩希は、⾵が吹き荒れる中で『1994年の雷鳴』をクールに歌い上げました。

21〜28曲⽬のカテゴリーブロックでは、それぞれコンセプトをもったグループが出演。まずは、”アイドル”グループが、キラキラ全開のパフォーマンスで『最強ツインテール』『遠距離ポスター』を披露しました。

”歌うま”グループは、「AKB48グループ歌唱⼒No.1決定戦ファイナリスト」の岡⽥奈々が、圧倒的な歌唱⼒で会場を魅了。AKB48の珠⽟のバラード『桜の⽊になろう』で⾒事なハーモニーを奏でました。

29〜34曲⽬の加⼊期ブロックでは、『ビーチサンダル』の冒頭で⼤盛真歩が「48曲ノンストップライブ︕ここからは加⼊期で区切って楽曲を披露します︕まずは1番フレッシュな私たちドラフト3期⽣です」と、元気いっぱいにパフォーマンス。

その後も、3〜10期⽣のベテラン勢による『背中から抱きしめて』では、魅惑的なステージで安定感を発揮しました。

35〜44曲⽬では、AKB48らしく⼤⼈数での迫⼒のステージで会場のボルテージはマックスに達しました。

本編ラストの楽曲『ファンレター』のイントロでは岡⽥がファンへの感謝を語り、柏⽊は「ノンストップでのコンサート、私たちの想いや気合がみなさんに伝わっていると嬉しいなと思います。

1期⽣が全員卒業した今、今までのAKB48、AKB48を作り上げてきてくれたメンバーへの感謝の気持ちを忘れず、これからのAKB48はもっともっと⼤きなステージに向かって歩んでいきたいです。

これだけたくさんのアイドルがいる中で私たちAKB48を選んで応援してくださっているファンの皆さんにとって、誇りに思える、そして胸を張って⼼の底から好きだ︕と⾔えるグループでありたいと思います」とコメントし、本編を締めくくりました。

アンコールでは、Tシャツにショートデニム姿でメンバーが登場︕17LIVE 事前特別配信での視聴者投票で選ばれた楽曲『ひこうき雲』を披露しました。

『永遠より続くように』では、メンバー全員で横⼀列に並び、岡部の合図で観客全員とウェーブを⾏い『真夏のSounds good !』で48曲ノンストップ披露のラストを飾りました。

ここでスクリーンに“特報”の⽂字が︕2021年9⽉29⽇(⽔)に『AKB48 58th シングル』が発売されることが発表されました。

今回のシングル曲はなんと、AKB48 19thシングル『チャンスの順番』以来10年9ヶ⽉ぶりとなるAKB48メンバー単独でのリリースとなることも発表され、柏⽊が「AKB48だけに任せてもらえたのは嬉しいかな…あれ︕結構嬉しいかも︕︕」と思わず涙をこぼしました。

さらにサプライズ発表が続き、「AKB48新プロジェクト」と銘打って7⽉より地上波放送で新番組が始まることが発表され、メンバーも⼤興奮︕直後に番組の仮タイトルが『乃⽊坂に、越されました。〜崖っぷちのAKB48の⼤逆襲〜(仮)』であることを知り、「え︖︖どういうこと︖︕」「なになになに︖︖」「うそーーーー︕︕」「これがタイトル︖」と⼤慌て︕︕⼾惑いを隠せない様⼦でした。

柏⽊は「(サプライズ発表が)久しぶりにAKBっぽいなって思った︕」とコメントし、向井地は「新番組も含めて、シングルも含めて、AKB48頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いします」と挨拶しました。

最後に向井地が、感動の涙を流しながら「この2⽇間盛りだくさんあって、本当にAKB48が⼤好きだなってメンバーのみんなもファンの皆さんも、改めて思ってくれたと信じています。先輩たちが繋いできてくれたこのAKB48を、私たち今の世代で繋いでいけるように頑張ります」と締めくくり、2⽇間に及ぶ「17LIVE presents AKB48 15th Anniversary LIVE」3公演は幕を閉じました。

ⒸAKB48

続きの画像はこちら
タイトルとURLをコピーしました