AKB48 チーム8 ついに全国制覇! 47都道府県を巡った全国ツアーの集大成

ⒸAKB48

AKB4815周年を記念してぴあアリーナMMにて、開催中の「17LIVE presents AKB48 15th Anniversary LIVE」2⽇⽬。

5⽉23⽇(⽇)は、チーム8 全国ツアー最後のステージとなる『AKB48 チーム 8 全国ツアー 〜47 の素敵な街へ〜 ファイナル 神奈川県公演「真っ⻘な空を⾒上げて」』が行われた。

2014 年4⽉3⽇、「会いに⾏くアイドル」をコンセプトに誕⽣したAKB48チーム8。今年結成7周年を迎え、6年越しで挑んだ『AKB48 チーム8 全国ツアー〜47 の素敵な街へ〜』のファイナルステージとなる神奈川県公演「真っ⻘な空を⾒上げて」は、コンサート開催地である神奈川県代表・⼩⽥えりなが前座5曲を披露し、会場を温めました。

いよいよ本編の幕が開き、今年3⽉に好評を博したチーム8の舞台「マジムリ学園 蕾-RAI-」のアナザーストーリー「マジムリ学園 -外伝- タウゼント」を上演。⼩⽥が演じるタウゼント(役名)を中⼼として、岡部 麟や⼩栗有以、倉野尾成美ら前作の主要キャストも登場︕殺陣付きの歌唱や迫⼒の演技で会場を盛り上げ、さらに、2021年8⽉中旬に舞台「マジムリ学園」第3弾を上演することを明かしました。

続いて、作曲・編曲家の井上ヨシマサさんのピアノ⽣演奏に乗せて『泣きながら微笑んで』をソロ歌唱。全員で『10年桜』を披露しました。⼩⽥・歌⽥初夏・坂川陽⾹・徳永羚海・⼭⽥杏華の5⼈で『涙の湘南』をクールに歌い上げ、『へなちょこサポート』ではチーム8ならではのパワフルなパフォーマンスで魅せました。

そして、熱気に溢れた会場にチーム8のメンバー35名が登場。⼩⽥えりなは「ついに始まりました︕本⽇は私の地元、神奈川県の『ぴあアリーナMM』でコンサートしています︕」と挨拶。

岡部 麟が「今⽇、このステージにチーム8として⽴てているのも、これまで応援してくださったファンのみなさまのおかげです︕本当に、ありがとうございます︕」と語ると、他のメンバーも続いて「ありがとうございます︕」とファンに感謝の気持ちを伝えました。

中盤のユニットパートでは、先⽇IZ*ONE専任活動を終え、チーム8への復帰を発表した本⽥仁美がダンサーを従えてサプライズで登場し、『涙の表⾯張⼒』をキレのあるダンスで披露。清⽔⿇⾥亜・髙橋彩⾳・⼩⽥えりな・⼤⻄桃⾹・⾏天優莉奈は『君にウェディングドレスを…』を純⽩のウエディングドレスでしっとりと歌い上げました。続いて、⼤親友だという⼩⽥と本⽥が再会に涙しながらAKB48のバラード曲『思い出のほとんど』を披露し、会場の温かい拍⼿で祝福ムード満載のステージとなりました。

MCでは、「ひぃちゃんおかえり︕」とチーム8メンバーが本⽥に駆け寄り、本⽥からは「ただいま〜︕久しぶりにみんなとステージに⽴てて嬉しいです︕」と、2年半ぶりの再会を喜び合いました。

後半は、チーム8オリジナル楽曲の『ジタバタ』『蜂の巣ダンス』など10曲を連続でパフォーマンス。

今回の公演では感染対策の観点から、声をだしての応援は禁⽌としましたが、来場者がスマートフォンで⼊⼒したメッセージをLEDモニターに映し出し、ファンから寄せられた熱いエールで会場の⼀体感は最⾼潮となりました。

アンコールはチーム8がいつも番組でお世話になっている なすなかにしさん が登場。軽快なトークで会場を盛り上げました。また、これまでチーム8を⽀えた卒業メンバーからは、全国ツアーファイナルを迎えたお祝いの映像コメントが届きました。

岡部が「いままでチーム8に在籍した全75名のメンバーの気持ちをこめて、この曲を歌いたいと思います︕それでは、みんなで曲振りをしましょう︕聴いてください︕」と呼びかけ、チーム8の代表曲『47の素敵な街へ』を元気いっぱいに披露しました。

さらに、重⼤なお知らせが︕今夏、チーム8メンバーが出演する怪談映画「未成仏百物語〜AKB48 異界への灯⽕寺〜」の上映と、8⽉8⽇(⽇)に『エイトの⽇』コンサートを開催することが映像で発表されました。

最後に⼩栗が「私たちチーム8はこれからもまだまだ⾛り続けますので、応援よろしくお願いします︕」とコメント。全員で『約束よ』を歌い上げ、感動に涙するメンバーたちに会場から温かい拍⼿が贈られ、⼤盛況のうちに幕を閉じました。

ⒸAKB48

 

続きの画像はこちら
タイトルとURLをコピーしました