宇垣美里がバーでの「良い楽しみ方」を学ぶアフターイベントに登場!「状況が落ち着いたら○○と BAR へ行きたいと思います!」

宇垣美里

バーテンダーがしのぎを削る世界規模の大会である「DIAGEO WORLD CLASS 2021」の日本予選となる「DIAGEO WORLD CLASS 2021 JAPAN FINAL」を、2021 年 5 月 13 日(木)、14 日(金)に、東京ミッドタウン ホール&カンファレンス ROOM7 にて開催。

本大会後に開催された「アフターファイナル」にゲストとして、フリーアナウンサーとして活躍する宇垣美里さん、『GQ JAPAN』編集長である鈴木正文氏が参加した。

アフターファイナルは、激闘の末今回大会で優勝を果たした熊本県/夜香木でバーテンダーを務める木場 進哉(こば しんや)さんと、前回大会チャンピオンの Bar Capri の吉田宏樹さんとともに 4 名でトークショーが行われました。木場さんは、審査員をまるでお客様のように接する丁寧なプレゼンテーションと高い技術力で圧倒し、ケテル ワン チャレンジとスピード&テイスト チャレンジでの二冠を達成、初出場で初優勝となり、7 月に予定されている世界大会へ参加する権利を獲得しました。MC から今の気持ちを尋ねられると、今回の優勝に関して、「ここに立つまでいろんな方々に助けてもらって、支えてくださったおかげです。まだ実感が湧かず、頭が真っ白です。歴代チャンピオンの皆様や今回一緒に戦ったファイナリストの皆様のお力を借りながら、世界大会でも自分の力を最大限発揮したいです。」 と、感極まった様子でコメントをしました。大会の様子を見ていた宇垣さんからも「本当におめでとうございます!感動しました!見守ることしかできないんですが、応援しています!頑張ってください!」と、祝福の言葉と共にエールが送られました。

その後、「聞くに聞けなかった BAR の常識・ルール」など、これまでなかなか BAR に足が向いていなかった人達の疑問や想いに答えるようなトークテーマに。バーの体験談の話題になると、宇垣さんは実はあまり BAR に飲みに行った経験が多くないそうで、「先輩に連れられて行ったことはあるのですが、尻込みしてしまい、あまり行かないまま大人になってしまいました。なのでぜひバーでの良い楽しみ方を教えてください!」と、鈴木編集長らへアドバイスを仰ぎました。鈴木編集長は「行ってみて

素直に慣れていないと伝えてみるのがいいと思います。自分の好きなカルチャーを伝えてみるのもいいかもしれないですね。」と、ご自身の経験談を披露。宇垣さんは「なるほど!こういう曲、映画、私をイメージしたお酒を作ってくださいとリクエストしてみるのも良いのですね。少し肩の荷が下りました(笑)」と、安心した様子でした。

ぜひ飲んでみたい!というお二人のコメントもあり、その後、今大会の上位 3 人の日本 TOP クラスのバーテンダーがつくるお酒を実際に飲むコーナーが開催されました。準優勝に輝いた奈良県/LAMP BAR 高橋 慶(たかはし けい)さん、第3 位には東京都/BAR Recette 高橋 伸彰(たかはし のぶあき)さんとともに 3 名に 3 種のカクテルが振舞われました。

宇垣さんは、木場さんのワイン畑をイメージして作られたスペシャルなカクテルを口にし、「おいしいです!華やかで口の中に香りが広がって、また飲みたくなってしまいます。」など、満面の笑みで喜びを露わにしていました。鈴木編集長は「甘くて苦くて酸っぱくてバランスが良いですね。アレンジのホップの味わいが効いていて、飲みやすくてとてもおいしいです。」と、世界のバーを回ってきた鈴木編集長も納得の様子でした。

最後に、鈴木編集長は「これが良いチャンスなので、木場さんのお店にもぜひ行ってみたいと思います。今日のイベントのおかげでバーの魅力を改めて実感しました。」と、振り返りコメントされ、宇垣さんは、「大人なイメージがあったのですが、状況が許すようになったら友だちと一緒に行って楽しみたいです。」と、新たな気付きがあったようでした。

タイトルとURLをコピーしました