菅野美穂 “私、乳歯が一本残ってまして100歳まで使えるように今手入れしています”と告白!

菅野美穂

キシリトールブランドメッセージ「その歯と100年。キシリトール。」を基に、フィンランドで根付くキシリトール習慣を紹介する新TV-CM 「キシリトールフィンランド」篇を、2021年5月18日(火)から全国でオンエアされる。

今回の新CMでは、菅野美穂さんを初起用。

キシリトールブランドカラーをイメージした緑のワンピース姿で登場し、フィンランドでキシリトールを研究する教授から、フィンランドの家庭や保育園で食後に毎回食べるキシリトール習慣を教えてもらい、「知らなかった!」と、驚く菅野美穂さんの様子を撮影しました。

また、“その歯と100年。キシリトール。”にかけて、「私、乳歯が一本残ってまして、その歯と100年ということで言うなら、一本残っている乳歯と100歳までやっていけたらなと思います!」と、菅野さんならではのエピソードを明かしてくれた撮影後のインタビューにもぜひご注目ください!

新CMストーリー

【CMストーリー 「キシリトール フィンランド」篇】

晴天のなか、屋上からフィンランドでキシリトールの研究をするマキネン教授へ「最近子どもの歯が気になっているんです。」と問いかける菅野さん。

すると、マキネン教授は、フィンランドの家庭や保育園で根付いている キシリトール習慣を紹介します。“食後に毎回食べる”、“歯ブラシと同じで毎日欠かせない”といった現地の習慣を聞いて、歯を大切にするヒントはフィンランドにあることに「知らなかった!」と驚く菅野さんでした。

撮影現場レポート

■なかなか決まらないポーズに「とりあえず…色々やってみます!」と自らポージングを提案!爽やかな笑顔で楽しそうにポーズを決める菅野さんに「最高!」 「良いですね!」とスタッフ大絶賛

キシリトールブランドカラーをイメージした緑のワンピース姿で「よろしくお願いします。」とスタッフに一礼して現場入りした菅野美穂さん。撮影が始まると、なかなかベストなポーズが決まらず 悩むカメラマンに、「とりあえず…色々やってみます!」と菅野美穂さん自らポーズを提案。爽やかな笑顔で、首を傾げたり、手を前に組んだりと様々ポーズを見せると、「最高!」、「良いですね~!」、「可愛い!」とスタッフから大絶賛の声が。菅野美穂さんが楽しそうに色々なポーズをみせた、撮影にご注目ください!

■「実は乳歯が一本残っているんです!」 「この先100年だと、140歳になっちゃうのでそれはおかしいのですけど。(笑)」と、菅野さんらしいお話をしてくれた愛嬌あるインタビューにも注目!

撮影後のインタビューに答えてくれた菅野美穂さん。“その歯と100年。キシリトール。”というブランドコンセプトにかけて、「菅野さんが、今後100年大切にしたいもはなんですか?」と質問してみると、「私、乳歯が1本残ってまして・・・。」と驚きのエピソードを明かしてくれました。「60歳までもったら良いねって歯医者さんに子供の頃言われたことあるんですけど、100歳まで使えるように今手入れしています。」と1本残る乳歯をこれからも大切にしたいと話し、「この先100年だと、140歳になっちゃうのでそれは可笑しいのですけど。(笑)」と、菅野さんらしい愛嬌ある一面も見せてくれました。

菅野美穂さん撮影後インタビュー

Q.CM撮影を終えての感想を教えてください。

菅野さん: コロナ渦の状況で色々難しいことがあるなかでのやり取りだったと思います。私は旅行が大好きで、フィンランドは訪れたこともあるので、懐かしいなと思いながら撮影させていただきました。

Q.CMのなかでフィンランドのキシリトール習慣に「知らなかった」と驚くシーンがありましたが、

最近、日常生活のなかで新たに「知らなかった」「なるほど」と、発見したことはなんですか?

菅野さん: 家の食洗器の調子が悪いなと思っていたところ、焦げっぽい臭いがしてきたので、修理の方に来ていただいたんです。毎日の洗剤だけじゃなくて、月に1回、大掃除のお手入れが必要だったみたいでそれを2年くらいやってなかったんです。月に1回そういうお掃除が必要なんですということを教えていただいて、やり始めたらお皿がスッキリ、ガラスのコップが透明に仕上がるようになりました。ちゃんと説明書は読まないといけないなと思いました。

Q.CMでは、フィンランドの子供たちがキシリトールを摂取していますが、菅野さんの子供のころの歯に関するエピソードはありますか?

菅野さん: 歯医者さんに通うのは大嫌いという訳でもなかったんですけど、歯医者さん独特の「ウィーン」という音が苦手だったんです。今思うのは、予防の医学の時代で、大人の歯は削ったらもう元には戻らないから、虫歯にならないように日常を気を付けることが大事なんだな、とすごく思います。予防を取り入れるっていうのが、常識になりつつあるんだと思って、進んだなと思います。

Q.CMでは、キシリトールの先生が登場し、色々教えていただきましたが、専門の先生がいたら聞いてみたいことを教えてください。

菅野さん: 子供は何歳くらいからキシリトールを摂取するのが理想なのかな?ということと、だいたいの頻度について具体的にお尋ねしたいなと思います。

Q.その歯と100年、キシリトール。というコンセプトにかけまして、菅野さんが今後100年大切にしたいものはなんですか?

菅野さん: 人生100年時代と言われるようになりましたけど、私もできる限り、自分の歯でやっていきたいなと思うので、歯ブラシとフロスと歯間ブラシとで手入れをしています。なかなかまだ子供に手がかかるので、歯医者さんに予約してきちんと通うというのがつい後回しになってしまって。だからやっぱり日常にキシリトールを取り入れたりするのって大事だな、と思います。私、乳歯が一本残ってまして、「60歳までもったら良いね」って歯医者さんに子供の頃言われたことがあるのですけど、100歳まで使えるように今手入れしています。この先100年だと140歳になってしまうので、それはちょっとおかしいなっていう感じですけど(笑)、その歯と100年ということで言うなら、一本残っている乳歯と100歳までやっていけたらなと思います。

Q.CMでは、フィンランドのキシリトール習慣を紹介していましたが、菅野さんが新生活に合わせて新しく、習慣化しようと思っていることを教えてください。

菅野さん: 40を過ぎてから茶道を始めました。10年、20年くらいかけてちょっとずつ形になっていけばいいなと思っていたんですけど、この間まで仕事が詰まっていたのと、コロナのこともあり、お休みしていました。春を迎えて、新茶の季節にもなりますし、茶道を再開できたらいいなと思います。

Q.CMでは「歯を大切にするヒントはフィンランドにありました」とありますが、菅野さんが女優業をするうえで表現や演技のヒントとしているものがあれば教えてください。

菅野さん: 撮影の現場では、共演の方と目を見ながら、相手の俳優さん女優さんに刺激をいただきます。撮影の場以外では、具体的には違うかもしれないですが、スポーツ選手の取り組み方とか、気持ちの持ち方、向き合い方など参考にさせていただいています。理想は、高校野球の少年たちの目の輝きをもって演技ができたら良いなと思ってます。

タイトルとURLをコピーしました