XANVALA、最新EP「我慾之幕」の収録曲と、夏に行なう全国ワンマンツアーに向けての思いを語る!!!!!

XANVALA

ヴィジュアル系シーンで今、「最も勢いのあるバンド」として高い注目と動員を集めているXANVALA。会場限定で発売した 1st EP「我慾之幕」が瞬く間に完売。6月2日に全国流通盤を発売することを発表した。本来4月に行うはずだった初の東名阪ワンマンツアーが、コロナ禍により名古屋・大阪公演が中止に。そのリベンジも兼ね、XANVALAは8月に規模を拡大し、新潟・仙台・名古屋・大阪・東京を巡るワンマンツアー「XANVALA ONEMAN TOUR 2021 Curtain Call」の開催も゛同じく発表。さらに、同ツアーの前哨戦として、6月よりPARAGUAS INC. TOUR 2021「MAKE an ERA」と題し、同じ5ヶ所の地域をサーキットすることも伝えてきた。

今回、XANVALAのメンバーが、1stEP「我慾之幕」の魅力。そして、ワンマンツアー「XANVALA ONEMAN TOUR 2021 Curtain Call」へ向けての想いを寄せてくれた。

1stEP「我慾之幕」について。

知哉 全曲ずっとライブで育ててきたという事もあり、それぞれの曲の完成度がすごく高い作品になりました、今までライブを通して聞き続けてきたファンの方々にも、今回をきっかけにXANVALAを知ってくれる方にも満足できるような、「これ以上の作品を今後作れるのか」というくらいの作品になったので、発売を期待しててもらいたいです。

巽 一筋縄ではいかないとろを見せることの出来たEPになったと思います。今は、ライブに足を運びたくても運べない人たちが多い環境。だからこそ、こうやって音源を通し、XANVALAの持つ魅力をしっかり伝えていけるのが嬉しいですし、XANVALAのことをちゃんとわかってもらえるための大事なEPにもなりました。
自分は、激しい部分と切ない部分というヴィジュアル系の核を成す要素を備えた楽曲たちが大好きだし、そういう曲たちを聞いて育てば、そこに夢を馳せてきました。そういう意志をしっかり受け継いだ楽曲たちにもなったように、そういうところも「我慾之幕」を通して感じてもらえたら嬉しいですね。

宗馬 世の中で一番いい良いEPができました。もうXANVALAの進化が止まらない作品だなと思います。

Yuhma 「Don't Think Feel…考えるな、感じろ!!」です。とにかくXANVALAを、この1stEPでたくさん感じてもらいたいです。だけど、これでもXANVALAが持つ魅力の1割くらいっすよ、XANVALAの良さを一番に伝えられるのはライブ。XANVALAのライブには、メンバーの仲良さもしっかり出ているようにめっちゃ楽しいです。それらすべてを含めて、XANVALAを好きになってくれたら嬉しいです。

70. 今までXANVALAが表現してきたことは「我慾之幕」で一度終幕を迎えます。この次にどういう展開を描いてゆくのか。それとも物語は続くのか。夏のワンマンツアーに「Curtain Call」と名付けた理由もそこにあるんです。8月のツアーを通しXANVALAが次に何をしようとしていくのかを楽しみにしていてほしいですね。

「XANVALA ONEMAN TOUR 2021 Curtain Call」へ向けて。

知哉 夏のツアーの前、6月7日に池袋BlackHoleを舞台に、僕の生誕祭「XANVALA単独公演 知哉生誕祭2021 梅花の候、露先に消ゆ」を開催します。正直、あまり「生誕祭」だからという気負いはなく、単純に1本のワンマン公演として、観に来てくれる人たちを楽しませてあげたいなという気持ちが今は一番強いですね。「生誕祭」では、主役のメンバーがセットリストを組んだり企画をしたりが恒例になっています。実はこの日のために、自ら作曲をした新曲を用意していますので、そのお披露目も期待していてください。
ワンマンツアーに関してですが、本当なら4月に大阪と名古屋でやるはずだった初の地方でのワンマン公演が中止になったので、今回が地方での初ワンマン公演になります。その前に、前哨戦となる主催イベントツアー「PARAGUAS INC. TOUR 2021 MAKE an ERA」を、同じ地域で5本行なうとはいえ、初の単独ツアーということでの不安も若干あるんですけど。やるからには全力でぶつかっていきます。
ファイナルは、8月26日の高田馬場AREA公演。これまでにもたくさんライブを経験してきた場所です。XANVALAのワンマンとしては今までで一番大きい会場なので、そこは挑戦してゆく意識もありますが、純粋にライブを楽しみたいなと思っています。

Yuhma 春のツアーが中止になってしまった中、今でも地方のお客さんたちはXANVALAが来てくれるのを楽しみに待ってくれている。だからこそ、その熱を冷まさないためにも早く各地に足を運び、ライブを体感してもらったうえで、もっとXANVALAを好きになってもらいたい。
夏のワンマンツアーでは、きっと初めて見に来る人もいると思う。そのときまでに、もっともっとXANVALAのことを知ってもらえる人たちを増やせるように活動を頑張っていくつもりです。そのうえで、ツアーの最後に高田馬場AREAでワンマン公演をやるわけですけど。僕らの場合、どこの会場でも、イベントやワンマンだろうとつねに100%の気持ちでライブをやるように、その気合に違いはないなと思っています。

宗馬 前哨戦となる主催イベントツアー「PARAGUAS INC. TOUR 2021 MAKE an ERA」のときから、ワンマンと同じ気合で向かうと言いますか、主催ツアーでも、ワンマンツアーでも、5ヶ所すべて最高のXANVALAを見せるだけです。高田馬場AREAに関しては、やるからにはSold Outさせて高田馬場AREAの歴史に残したいなと思っています。

70. 高田馬場AREAは沢山の想い出が詰まった箱。過去の活動も含め大事な時にライブをさせてもらっていて。それでもAREAでSOLD OUTをさせたことがないんです。今回は絶対達成してしっかり高田馬場AREAに「ほら、俺やったよ」って引導を渡したいなと思っています。そのためには今まで以上に頑張らなきゃいけない。XANVALAの良さを世の中にアピールしなきゃいけない。大変な世の中だけど今ある目標に立ち向かっていきます。

巽 今回、「XANVALA ONEMAN TOUR 2021 Curtain Call」を通して大阪・名古屋・新潟・仙台と各地をまわりますけど、正直、本数としてはまだ少ないなと思っています。でも同時に、ここから確実に歩みを進めていけるなとも思っています。
高田馬場AREAは、誰もがやりたいと思って出れる場所ではない。だからこそ、XANVALAが高田馬場AREAでワンマンを実現できるバンドであることが、そういう位置にいるバンドであることが嬉しいんです。と言っても、高田馬場AREAでのワンマン公演がXANVALAのゴールではない。「カーテンコール」のその先、日本全国行きたいところがたくさんあるからこそ、今はコロナ禍で不透明なように具体的なことは伝えられないけど、まだまだ突き進んでいくので、ぜひ、俺らと一緒に突き進んでもらえたらなと思っています。

1stEP「我慾之幕」の発売がせまった今、まずは、始動からここまでの物語を締めくくるこの作品を耳にし、そのうえでXANVALAのライブに触れていただきたい。きっと夏のワンマンツアーが楽しみになるはずだ。

TEXT:長澤智典

 


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました