YOASOBI 「あの夢をなぞって」がストリーミング1億回再生を突破!歴代2位となる通算6曲目の達成!

“小説を音楽にするユニット”YOASOBI。2019年11月に公開したデビュー曲「夜に駆ける」は、公開直後から瞬く間に注目を集め、国内の各種配信チャートでも1位を席巻、複数カ国のバイラルチャートにもランクインし、2020年の年間Billboard JAPAN総合ソング・チャートとストリーミング・ソング・チャートでは1を獲得、第71回NHK紅白歌合戦にも出場した。

今年の1月6日に満を持してリリースした1stEP『THE BOOK』は、”小説を音楽にする”というコンセプトを表現したまさに”読むCD”ともいうべき豪華な仕様が大いに注目を浴びているうえ、

オリコンデジタルアルバムランキングでは5週連続1位を獲得、収録されている7曲もApple MusicチャートTOP15以内にランクイン。

立て続けにリリースしたTVアニメ『BEASTARS』OPテーマ「怪物」、EDテーマ「優しい彗星」も各種チャートで1位を獲得した。

2月には、初のワンマンライブ『KEEP OUT THEATER』を新宿・ミラノ座跡地の工事現場にて開催し、同時視聴者数4万人を記録する盛り上がりを見せた。

そんなYOASOBIの「あの夢をなぞって」が、2021年5月19日公開(集計期間:2021年5月10日~5月16日)のBillboard JAPANストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”で、累計再生回数1億回を突破した。

「あの夢をなぞって」は、YOASOBIが2020年1月にリリースした第2弾楽曲で、いしき蒼太による小説『夢の雫と星の花』が原作。ミュージック・ビデオは頃之介古論が手掛けた。

『夢の雫と星の花』は小説&イラスト投稿サイト、monogatary.com内のコンテスト『モノコン2019』において、YOASOBIの第1弾楽曲「夜に駆ける」の原作小説となった『タナトスの誘惑』(著:星野舞夜)と並び、ソニーミュージック賞を受賞したことで楽曲化が決定。

2020年12月からはコミカライズ作品も配信された。累計1億回を突破したYOASOBIの楽曲としては、「夜に駆ける」「ハルジオン」「群青」「たぶん」「怪物」に続く6曲目となり、歴代2位の記録となる。

【楽曲情報】

2020年1月18日(土)配信リリース

「あの夢をなぞって」

配信
https://orcd.co/yoasobi_anoyumewonazotte

MV:https://www.youtube.com/c/Ayase0404


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました