『紅蓮華』(作詞︓LiSA作曲︓草野 華余子)が2021年JASRAC賞金賞受賞

LiSA

5月19日、日本音楽著作権協会(JASRAC)は、2021年JASRAC賞を発表し、『紅蓮華』(作詞:LiSA 作曲:草野 華余子 音楽出版社:㈱ソニー・ミュージックパブリッシング)が金賞を受賞した。

JASRAC賞は、音楽配信、カラオケ、CMなど、前年度にJASRACからの著作物使用料の分配額が多かった作品の作詞者・作曲者・音楽出版社の功績と栄誉を称えられ表彰されるもので、1982年の創設から今年で39回目を迎えている。

『紅蓮華』は、㈱ソニー・ミュージックパブリッシングの契約作家である草野華余子が作曲し、LiSAが作詞・歌唱している。

『紅蓮華』は、テレビアニメ「鬼滅の刃」(2019年4月~9月放送)の主題歌として書き下ろされ、2019年7月のリリース以降、2020年10月にはストリーミングの再生回数が2億回突破を記録するなど音楽配信サービスで人気を博している。

また、カラオケでも幅広い世代から支持され、インタラクティブ配信の分配額が2位、カラオケの分配額が1位となり、初の金賞に輝いた。

国内作品の上位3作品を金・銀・銅賞、海外の著作権管理団体からの入金が最も多かった国内作品を国際賞、分配額が最も多かった外国作品を外国作品賞として表彰されている。

2021年JASRAC賞について

2021年JASRAC賞 「紅蓮華」が金賞を受賞 JASRAC
2021年JASRAC賞 「紅蓮華」が金賞を受賞いたしまし&#123...

LiSA 受賞コメント

LiSA
長く愛していただき、とても光栄です。
原作からテレビアニメまで、関わりある多くの方々の熱い愛情を受け取り、自身の心の中にある"強さ"と向き合いながら、言葉を探した楽曲でした。
どんな日々も越え、水面に美しく咲く蓮の花のように、彼らと私たちの物語が、強く咲き誇り続けますように。

草野 華余子 受賞コメント


このたびは本当にありがとうございます。今回の賞は、たくさんの方から「紅蓮華」を愛していただけた一つの証だと思います。これもひとえに、応援してくださっているファンの皆さん、そして苦楽を共にしてきたLiSAさんのおかげだと、心から感謝しています。
これからも「一音入魂」で、魂を込めた楽曲制作を続けていきたいと思います。

LiSAのプロフィール

岐阜県出身。「Fate/Zero」、「ソードアート・オンライン」、「鬼滅の刃」など数々の人気アニメ主題歌を担当し、国内外でヒットを記録。圧倒的な熱量を持つパフォーマンスとポジティブなメッセージを軸としたライブが人気を博し、アニソンシーンだけでなく数多くのロックフェスでも活躍するライブアーティストとして、その存在感を示している。「第70回NHK紅白歌合戦」と「第71回NHK紅白歌合戦」に連続出場、2020年には「第62回 輝く!日本レコード大賞」にてレコード大賞を受賞。今年でソロデビュー10周年迎える。

草野 華余子 (クサノカヨコ) プロフィール

“ただのオタクですが、勇気を出してロックやってます”
大阪府出身・東京都在住、シンガーソングライターときどき作詞作曲家。3歳の頃からピアノと声楽を始め、中学生の頃に出会ったJ-ROCKシーンのバンドサウンドに衝撃を受け、18歳の大学進学を機にバンド活動を始める。バンド解散後、2007年頃から「カヨコ」として活動を開始、2019年に本名である「草野華余子」に改名。
包み込むように優しく人間味溢れる歌詞と、卓越した唯一無二のメロディセンスが持ち味。聴く人の背中を押すような、力強いライヴ力にも定評がある。 自身の活動に加え、そのメロディの力強さが認められ、数多くのアーティストやアニメ作品への楽曲を提供。2019年にリリースされたLiSA「紅蓮華」の作曲を手掛け、一躍注目を集めている。
2021年には草野華余子として初のバンドスタイルワンマンライヴ、更には初のフルアルバムを発売、シンガーソングライター兼作家という”二足の草鞋型アーティスト”として、より一層の活躍が期待されている。

関連リンク

オフィシャルサイト
LiSA :https://www.lxixsxa.com/
草野華余子:https://kusanokayoko.com/

タイトルとURLをコピーしました