予測不能なサスペンス・アクション『グレーゾーン』 映画初出演・黒条奏斗(「テニスの王子様」) オフィシャルインタビュー解禁!

観る者の予想を根底から覆す、エンターテイメント・サスペンス・アクションが誕生した。極道・黒崎家当主の暗殺をめぐって露わになる、最悪な家族の最狂の愛。キレのいいアクションと謎が謎を呼ぶサスペンス、予測不能なストーリーと鮮やかな“どんでん返し”に、一瞬たりとも目が離せない。

主役の灰原龍を演じるのは、本作で監督・脚本・プロデュース・主演と4役に挑戦した宏洋。黒崎家の長女・一葉役に、現役歯科衛生士でグラビアアイドルとして活躍する西原愛夏。黒崎家の長男・慎司役を、「時代劇ミュージカル新撰組-狂宴哀歌-」に出演した黒条奏斗。黒崎家の次女・美鈴役を、グラビアアイドル、タレントとして活躍、映画『二人エッチ~ラブ・アゲイン~』に主演した青山ひかる。また、モデル、タレントとして活躍する和田奈々が警視庁組織対策課の新山刑事役、映画『難波金融伝・ミナミの帝王』シリーズの浪花ゆうじがオネエ言葉を使う黒崎家の番頭・陰山修役、登録者数が630万人を超えるFischer’sのメンバー・シルクロードの実兄で“兄クロード”として有名な絹張慶が白川組幹部・慶次役で出演。そして黒崎家の宿敵、白川家当主・白川光流役に、「ウルトラマンメビウス」他、映画・ドラマ・舞台で活躍する仁科克基。黒崎家当主・黒崎弦信を体現するのは、「TVチャンピオン」のMCで広く知られ、映画・ドラマ・舞台で活躍する中村ゆうじ。

さらには、自身もYouTuberとして活動する宏洋の第1回監督作品に、人気YouTuberたちが集結していることが判明!ドラゴン細井、コバショーこと小林尚、メンタルドクターSidow、えらいてんちょう、升澤裕介(まっすう)、TOMOKINらがキーポイントとなるシーンに出演する他、世界22カ国の舞台・テレビスタジオに招待出演した国際的パフォーマーの謳歌が本人役で登場する。また、宏洋自らが作詞した主題歌「灰色の空」の作曲・歌唱を担当するのは、人気YouTuberのウタエル Utael。

6月4日(金)よりシネマハウス大塚にて公開される他、6月12日(土)より名古屋・シネマスコーレ、大阪・シアターセブンにて公開されることが決定している。

この度、黒崎家の長男・慎司役で映画初出演となる、「ミュージカル『テニスの王子様』4th シーズン 青学(せいがく)vs 不動峰」の黒条奏斗のオフィシャルインタビューが届いた。

黒条奏斗

黒条奏斗 ©2020宏洋企画室

©2020宏洋企画室

Q. 後継者争いをしている3兄弟の長男・慎司役を演じられました。「生まれつき心臓に疾患があって、8秒間しか全力で動けない」という弱点がある役でしたが、演じていかがでしたか?

黒条奏斗:僕自身、「生まれつきの疾患」や、「8秒間しか全力で動けない」という経験はないので、実際にあった場合はどうなんだろうという気持ちを大切にして考えました。本作では、自分が長男だから当然後継者になるはずだったのに、疾患のせいでなれないという苦しみだとか、(心臓病と)付き合っていかなくてはいけないものだけれど憎いという慎司の気持ちを出したいと思って演じました。

Q. 慎司役を演じる上で、何を大切にされましたか?

黒条奏斗:自分の持病に対して憎いという気持ちと、反面、そういうところを見せず、情報で相手を貶めようとするクールなキャラクターの違いを出そうと思いました。オタク気質のところもあり、監督の宏洋さんが早口で喋って欲しいということだったので、普段の1.5倍の速さで話していました。早口でセリフを話すのは難しかったです。

Q. めがねがめちゃくちゃ似合っていましたが、普段はメガネをかけているんですか?

黒条奏斗:普段は全くかけていないです。視力が良くて、メガネもコンタクトもつけないで生活しています。これからは伊達眼鏡もかけてみようかなと思います。

Q. アクションシーンの撮影はいかがでしたか?

黒条奏斗:体を使ってのアクションは初めてだったので、思い通り体を動かすことの難しさを初めて知りました。

Q. 慎司はYouTuberでもありますが、YouTubeを撮っているシーンはいかがでしたか?

黒条奏斗:YouTubeが本職の宏洋さんが隣にいたので、本物の隣でやる緊張感がありました。「どうも〜!」というのは普段日常生活ではやらない感じですが、役作りするにあたって、「このYouTuberのまねしよう」と色々見て勉強しました。最初の挨拶はマホトさんを参考にしました。僕はゲームとかゲーム実況が好きなんですが、ゲーム実況の、テンションが高めで、見てて楽しくなるような感じの雰囲気を心がけました。YouTuberの方々は、アドリブでぱっぱと回していてすごいなと改めて思いました。

Q. 宏洋さんと共演していかがでしたか?

黒条奏斗:楽しかったです。その前のミュージカルでも共演させて頂きましたが、今回の現場で特に思ったのが、驚くほど(感情の)振り切れ方がすごく、たがが外れるくらいまで思い切りやられるのを間近で拝見し、とても勉強になりました。

Q. 姉・一葉役の西原愛夏さんとの共演はいかがでしたか?

黒条奏斗:すごく気さくな方で、最初の方から自然とお話ししてくださったので、アクションのことを沢山質問させていただきました。

©2020宏洋企画室

Q. 妹・美鈴役の青山ひかるさんとの共演はいかがでしたか?

黒条奏斗:青山さんも気さくな方でした。慎司は、美鈴とは特にバチバチというか、お互い罵り合って西原さん演じる一葉が仲裁するというような設定でしたが、裏では全然そんなことはなく、色々教えて下さいました。

©2020宏洋企画室

Q. 本作の見どころはどこですか?

黒条奏斗:色んな角度の色んなキャラクターがいるので、見ていて楽しいと思います。サスペンス・アクションだけでなくコメディも入っていて、緩急が激しいので、キャラクターの緩急、アクションとコメディの緩急も注目してもらいたいです。

Q. 読者の方々にメッセージをお願いします。

黒条奏斗:アクションがあってサスペンスがあってコメディがあるという作品は他にもあると思うんですけれど、緩急の度合いでいうとピカイチじゃないかと思うくらい、コメディ部分は全力でコメディで、シリアスなところはシリアスでとジェットコースターみたいな作品なので、見ていて楽しいと思います。ぜひ見に来ていただけると嬉しいです。

映画『グレーゾーン』は6月4日(金)より全国順次公開

©2020宏洋企画室

©2020宏洋企画室

©2020宏洋企画室

タイトルとURLをコピーしました