国境・ジャンル・分野、すべてのボーダーを美しく越境するラッパー、歌代ニーナ。デビューシングル「ARIA」リリース。 MVは英国Crack Magazineにてプレミア公開!

歌代ニーナ

音楽/映像/ファッション/デザイン/アート/編集、様々なカテゴリーで将来を嘱望され実績を積んできたアーティスト、歌代ニーナ(うたしろにーな、英語表記:Nina Utashiro)が、デビュー曲「ARIA」を配信リリース、同曲のミュージックビデオを公開した。 また、同ミュージックビデオは英国のミュージック& カルチャーマガジン「Crack Magazine」にて現地時間5月14日午前10:00頃(日本時間5月14日18:00頃)よりプレミア公開された。

歌代ニーナはドイツ・日本・アメリカ3か国のルーツを持ち、「i-D JAPAN」や「commons&sense」「Libertin DUNE」などでエディターとして勤務、2017年独立しスタイリスト/ライター/エディターとして活動。2018年3月 クリエイティヴ集団PETRICOR (ペトリコール)を創立、インディペンデントマガジン「PETRICHOR」を創刊。同年末、多くの他者からの指摘により、自らのラッパーとしての可能性を知り ラッパー“Thirteen13 ”としてデビュー。EP「OMNIPRESENT」発表、アートディレクション、ミュージックビデオのクリエイティブディレクションを自ら行い挑戦的な作品を残してきました。

そして、2021年、ミュージック・映像・アート・ファッション・編集・文筆、表現にまつわる様々なフィールドでの経験を経た上で、彼女が選んだのは、全てのクリエイティブに対して自らがタクトを振って作品を世に送り出す、本名「歌代ニーナ」でのアーティスト活動。その第1弾のクリエイティブが、デビュー曲「ARIA」です。

楽曲「ARIA」は歌代ニーナによるクラシックミュージックの新しい視点での解釈を出発点に、斬新なビートとフロウ、そして、自身で書いた日本語と英語がミックスされた強烈なリリックで構成される、歌代ニーナにしか成しえないワンアンドオンリーな楽曲。今回、共に楽曲をプロデュースしたのは、ロンドン在住、ヨーロッパのファッションフィールドでの音楽制作のスペシャリストとして知られ、Drakeのアルバム「More Life」へのミュージシャンとしての参加や他にもPost Malone、Nick Knight等にもサウンドデザインとして参加するなど、幅広く活躍するAkira Woodgrain。

ミックスにはShygirl等を手掛けるJames Rand、マスタリングにはThom Yorke、Aphex Twin、James Blake等多数の名作を世に送り出してきたMatt Coltonを起用し、サウンド面でも規格外のデビューシングルとなっています。

ミュージックビデオは、本人がコンセプトクリエイト並びにクリエイティブディレクションを手掛け、気鋭のクリエイティブチーム「PERIMETRON」とがっぷり四つで共同制作した問題作。2021年5月14日(金)18:00より英国のミュージック&カルチャー誌「Crack Magazine」にてプレミア公開されます。今回のプレミア公開は、歌代ニーナのクリエイティブに触れて突き動かされたCrack Magazineサイドからのオファーで実現したものです。プレミアを経てのミュージックビデオの一般公開は5月15日(土)午前0:00です。

ミュージック・映像・アート・ファッション・編集、様々なフィールドの境界線を越え、そして国境も越え注目を集める歌代ニーナの今後の活躍にご期待ください。

【「ARIA」音源配信情報】


Apple Music、Spotify、Amazon Music、LINE MUSIC、AWA、iTunesをはじめ
各サブスクリプション、ダウンロードサービスにて配信中
配信リンク→ https://orcd.co/ninautashiro_aria

【「ARIA」Crack Magazineプレミア公開 URL】
https://crackmagazine.net/

【歌代ニーナ プロフィール】
小さい頃にバレエを通して出会った、ルーツとしてのクラシック音楽。ずっと夢見ていた、ジャーナリズム性があるファッション雑誌で働くこと。ファッション雑誌で働き、メディアの退廃に幻滅した歌代ニーナは、自らのインディペンデントマガジン「PETRICHOR」を創刊したところ、多くの他者からの指摘によって、自らのラップの才能の可能性を知ることになる。そこから彼女が選んだ道は “アーティスト” になることだった。アーティストであれば、自らが主導権を握り、音楽から映像、ビジュアルまですべてのプロデュースに携われる。ラップをやるからには、既存のラップからの影響がない、自分で新しく編み出したラップを追求していきたい。そして、アーティストだからこそ、アートの世界というパラレルワールドが作ることができる。自分の奥底に眠るヒステリック性という女性的な狂気を、ルーツを軸に、様々なアプローチを通して昇華させ始めた歌代ニーナ。
Thirteen13という名を捨て、本名で活動することによって、彼女は退路を断ち、新たなアーティストとなったのである。

【歌代ニーナ公式サイト】
http://ninautashiro.com/

歌代ニーナ公式Instagram
https://www.instagram.com/ninautashiro
歌代ニーナ公式Twitter
https://twitter.com/ninautashiro

タイトルとURLをコピーしました