The Brow Beat、メジャーへ進出。7月7日に発売するデビュー曲「ハレヴタイ」は、アニメ「遊☆戯☆王 EVENS」の新オープニング主題歌への起用が決定!!3本のオンラインライブは、現在アーカイブ配信中!!!

The Brow Beat

PHOTO:沼倉龍徳

本当なら、大阪と東京を舞台にゴールデンウィーク中に3本のワンマン公演を行なうはずだった。チケットもすべてSold Outし、この日を楽しみにしている人たちもとても多かった。だが、コロナ禍による緊急自体宣言により、予定していたライブはすべて中止になった。ファンたちはもちろん、何よりメンバー自身が、3本のライブにすべてを注ぎ込み準備を重ねてきたように、膝から崩れ落ちるほどの悲しみを覚えていた。

でも、RyujiもHAKUEIもあきらめなかった。The Brow Beatが、なぜ今回のコンサートの題名に「Last indies」と名付けたのか。その言葉の意味を親身になって応援してくれるファンたちへ何処よりも先に伝えるためにも。2人からの新しい報告を直接耳にしたいと楽しみにしていたファンたちの期待を、緊急事態宣言という規制だけで裏切ることを2人はどうしても許せなかった。だからこそ彼らは「Live2021 “Last indies”〜Steal your xxxx〜オンライン」と題し、急遽、無観客ライブ配信という形に変え、最新の配信設備の整ったharevutaiという会場から3本のライブを届けることを決めた。

先に、今回のツアーを通して発表した嬉しい情報をお伝えしたい。ツアータイトルへ「Last indies」と名付けていたように、The Brow Beatはインディーズ最終楽曲「stray child」を、今回の3本のライブを通して発表。The Brow Beatは、7月7日にポニーキャニオンharevutaiよりメジャーデビューすることを発表。デビュー曲の「ハレヴタイ」がテレビ東京系列アニメ「遊☆戯☆王 SEVENS」の新オープニングテーマとして6月20日より流れることも伝えられた。サビ歌始まりの「ハレヴタイ」は、聞いた瞬間から気持ちが熱く沸き立つ、触れた人たちのハートを一発でつかむ極上のポップロックチューン。The Brow Beatが、より大きな舞台へ踏みだすに相応しい胸躍る楽曲だ。今回の3本の配信ライブをharevutaiから届けたところも、彼らなりの冴えた演出じゃないか。

話を戻そう。今回のライブでは、「prologue」公演は1stアルバム「ラグナロク」のツアー、「epilogue 衝」公演は2ndアルバム「Hameln」のツアー、「epilogue 撃」公演は3rdアルバム「Adam」のツアーの、それぞれのオープニングセットリストから構築した内容になっていた。

他にも、「epilogue 衝」では,メンバーが学ラン姿で登場。短ランにボンタン姿のRyujiに白い長ラン姿のHAKUEI。ベースのChirolynに至ってはセーラー服姿。セットリストも、途中からくじ引きで決めていたように、メンバー自身も全体の進行が見えない心地好い緊張感の中でライブを行なっていたように、他の2公演とは異なるメンバーの表情を味わえる内容になっていた。

本公演は、フロアにMC用のブースを設置。ときにMCをブースで行なえば、メンバー全員で「黒ひげ危機一髪」などのゲームに興じる姿も見せていた。また、Ryujiのみが歌う楽曲では、HAKUEIがカメラマンになり撮影する場面も公演によっては見せていたことや、舞台背景を彩る映像をPENICILLINのO-JIROがVJとして担っていたことも伝えておこう。

ここでは3本のツアーの中から、ファイナル公演となった「Live2021 "Last indies"〜Steal your xxxx〜epilogue 撃」の模様をお伝えしたい。

The Brow Beatにとってインディーズ最後となる「epilogue 撃」公演は、唸りを上げる演奏へ導かれるように「Adam」から幕を開けた。ここから新たな創生の物語を綴るように進む歌と演奏。これまでを破壊し、ここから新たな歴史の始まりを求めるように歌うRyujiとHAKUEI。その声は、祈りを捧げるようにも響いていた。2人が、互いの感情高ぶる歌声を重ね合わせハモった瞬間、心が震えた。

轟音鳴り響く「サザンクロス」を武器に、観ている人たちを激しく煽るRyujiとHAKUEI。身体を大きく折り畳み、時にモニターに足を乗せ、喰らいつかんばかりの勢いで挑むように歌うRyujiの姿は飢えた野獣のよう。Ryujiを支えつつ、HAKUEIもしっかり荒い息を吐きながら観客たちを挑発してゆく。荒ぶる演奏は、止まることなく「日本」へ。挑発することがこの舞台の上では正義と言わんばかりに、2人は沸き立つ感情を包み隠さず雄々しい声でぶつけていた。

「みなさんに、この熱と思いが届いたと確信できるまで、画面を通りすぎるくらいの熱量でやっていきます。泣いても笑ってもインディーズ最後。もうセーブする気もねぇし。怖いくらいに恰好いいものを見せていきますから」(Ryuji)

ここから、Ryuji単独で歌う曲たちのブロックへ。Ryujiの歌を皮切りに演奏の始まった「ヤタガラスの影踏み」は、和要素を軸に据えた跳ねたアッパーチューン。祭り囃子にも似た激しい曲調やRyujiの煽る姿を見てジッとなんかしてられない。身体の内側には、熱しだした血が騒ぐように巡っていた。

ヒリヒリとするような刺激を与えるスリリングかつハードボイルドな「火炎」では、スタンドマイク越しにRyujiが熱情した想いをぶつけていた。マイクスタンドをグッと力強く握り歌う姿がとても凛々しい。その表情は、気高き野獣のよう。一転、美しくも淡い景色を描きだすバラードの「Oblivion」では、込み上がる哀切な気持ちを、傷を負った想いのままに歌うRyujiの姿が舞台の上にはあった。落ちサビで響いた心壊れそうな声、その後に続く想いを乞うように歌う様から眼を逸らせなかった。

「手加減無し、ぶっ壊れるつもりでいくから、ついてこれるかっ!!」。Ryujiの叫びを合図に飛び出したのが、「BLACK SHEEP」だ。ライブ空間に熱狂一体化した景色を作り出す攻撃的な楽曲を手に、Ryujiは攻めゆく姿勢と叫ぶような歌声で、観ている人たちを挑発してゆく。さらに熱を上げるように突きつけた「パラノイド・スター」では黒いトラメガをマイク代わりに、鋭い眼差しのもと感情を振り乱しながら、Ryujiは観ている人たちをカメラ越しに挑発し続けていた。間奏でメンバーたちと絡み合う様も気持ちを熱くさせてゆく。

「みなさん、生きてますか」(Ryuji)。ふたたびHAKUEIも舞台へ呼び寄せながら、The Brow Beatは「-Member Call-」という名の煽りナンバーを演奏。ここからは、ツインヴォーカルのブロックへ。突きつけたのが、開放した気持ちへ導く「Black&Black」。2人は、手にしたハンドガンからCo2を次々放射しながら、共に舞台の上で暴れ騒ぐことを楽しんでいた。火の付いた感情は抑えるなんて不可能だ。続く「OVER」でもRyujiとHAKUEIは、共に腰をグッと落とした姿で、腹の奥底から声を振り絞るように熱唱してゆく。サビ歌の最後に2人がハモッた瞬間、気持ちが熱く沸き立ち、火照るような恍惚と絶頂を覚えていた。

「Hi Ho!!」と煽るRyuji、その声を合図に「Snow White」が轟音唸らせ走りだした。クールにラップを突きつけたかと思えば、突然スクリームするRyuji。尖ったRyujiの歌声を、熱を持った歌声でサポートしてゆくHAKUEI。The Brow Beat流ラウドロックの衝撃が、堪らなく胸を熱くさせる。最後にThe Brow Beatは、バンド名を冠した「Browbeat」を演奏。心に光刺す演奏だ。2人の歌声が眩しい光のシャワーとなり、晴れ渡る気持ちへと心を洗い流してゆく。荒々しく攻めながらも、最後は観ている人たちを2人は満面の笑顔浮かべる無邪気な童心に変えていった。きっと、そうだったと信じている。

最初のアンコールで披露したのが、カバー曲。それもPENICILLINの「ロマンス」なのが粋じゃないか。そこへ至る前のMCも含めてこの歌は楽しんでほしいので、あえて種明かしはよしておこう(気になった方はアーカイブで確認を)。オリジナルを歌う本人も交えた「ロマンス」は、Ryujiがリードを取る形で進行。Ryujiはクールな表情を浮かべながらも時々ニヤけていたように、10代の頃から憧れていたPENICILLINの人気曲を、HAKUEIと共に歌うことを思いきり楽しんでいた。

次に披露したのが、The Brow Beatにとってインディーズ最後の新曲となる壮麗なバラートナンバーの「stray child」。The Brow Beatとして活動してきた3年間の日々を振り返るように、それまでの日々を綴った歌詞を通して噛みしめながら、その思いを未来へと繋ぐよう、2人は互いに言葉を交わすように歌いあげていった。

最後に届けたのは、やはりこの歌だ。何時もなら会場中の人たちが「命は風に乗り旅をする 命は歌に乗り旅をする」と合唱する「睡蓮」だ。観客たちの声は直接聞こえなかっただけで、2人の耳や心には、画面の向こうで歌う一人一人の歌声がしっかり届いていたはずだ。途中、フロントにいる4人が座りながら戯れるように歌い演奏していた姿や、「命は風に乗り旅をする」と舞台の上で歌うRyujiに向け、フロアに下りたHAKUEI・鳴風・Chirolynがエールを送る姿も、とても微笑ましかった。

しっとりと終わるなんてThe Brow Beatらしくないとはかりに、ふたたびメンバーらが舞台へ。 The Brow Beatが届けたのが、ファンキーなパーティロックチューンの「沙羅羅羅」。観ている人たちの身体を揺さぶるように華やかな演奏が飛び交えば、2人も気持ちをアゲアゲに、カメラ越し挑発し続けていた。最後にThe Brow Beatは極上アッパーチューン「L.R」を演奏。熱いロックンロールの洗礼を与え、3年というインディーズ時代の活動に熱狂という幕を下ろしていった。

演奏が終わり、冒頭でも触れたメジャーデビューや新しい展開を映像で告知。それを受け、メンバーらはフロアに設置したMCブースへ集結。5人は、告知映像を受けての会話を繰り広げれば、改めて最後に披露する楽曲を、3日間演奏した全楽曲の中からくじ引きで選びだした。そこで出たのが、「Snow White」。最後の最後にThe Brow Beatは「Snow White」を、持てるネエルギーをすべて振り絞りながら演奏。HAKUEIに至っては、フロアに降り、最前で熱狂するファンの様を真似ながら歌う姿も見せれば、Chirolynもフロアに降りて演奏。場内中を舞台にしながら、5人のモンスターたちは大騒ぎをしながら、メジャーデビューの発表という最高の晴れ舞台を、3日間のライブを、The Brow Beatらしい熱く攻撃的な楽曲で締め括っていった。

現在、3本の公演ともアーカイブ映像として配信中だ。気になった方は、ぜひ3本の流れを通してThe Brow Beatのライブ姿を味わっていただきたい。

The Brow Beat

PHOTO:沼倉龍徳

PHOTO:沼倉龍徳

PHOTO:沼倉龍徳

PHOTO:沼倉龍徳

The Brow Beat メンバーミニインタビュー

――ようやく、メジャーデビューという嬉しい発表を行なうことができました。

HAKUEI ライブで発表できなくなるところでした。配信とはいえ、ホント自分たちでちゃんとライブをやって、メジャーデビューの発表を伝えられて良かったです。

Ryuji なかなか大変な時期もあった中、それを踏まえメジャー進出第1弾楽曲が「ハレヴタイ」というのも、なんか感慨深いですね。

HAKUEI ホント、満を持しての晴れ舞台になるので。しかもデビュー曲が、「遊☆戯☆王 SEVENS」のオープニング主題歌として起用することも決まりました。

Ryuji 「ハレヴタイ」は、HAKUEIさんがお腹を痛めて作り出した楽曲ですからね。

――デビュー曲の「ハレヴタイ」は、インディーズ時代の曲以上にメジャー感を持った楽曲。より広い地平へ突き進んでゆくに相応しい歌じゃないですか。

HAKUEI メジャーデビューして新しいステージに進むうえで、ありがたいことに歴史のあるアニメのタイアップも決まりました。今回、それに似合う表情の楽曲を書きながら。でもC/Wにはドス黒い楽曲も収録しようと用意しているので、そこは相変わらずな面も残しつつ、いい感じで進化していけたらなと思っています。

Ryuji メジャーデビューという新しい舞台にはなりますけど、感覚としてはあまり変わらないというか、好きな音楽を出来る環境はそのままのように、メジャーへ進むことで何か変わるのかな?という気持ちです。ただ、子供の頃に「遊☆戯☆王」のゲームをやっていたように、個人的には身近に親しんだ作品の曲を歌えるのは嬉しかったです。むしろ、The Brow Beatの才能が、メジャーへ進むことでより広く世間に知られちゃうなっていう(笑)。

HAKUEI あー、ばれちゃうなぁ(笑)。The Brow Beatの格好良さがばれたら…。

Ryuji ただじゃ済まない (笑)。

HAKUEI Ryujiくんがもっと有名になっちゃうなぁ(笑)。

――最後に、アーカイブ放送へ向けて、ひと言ずつお願いします。

Ryuji 破壊的なサウンドでみなさまに愛を伝える、なんともお洒落なことをライブで見せましたので、ぜひご覧になってください。

HAKUEI ライブが中止になったり、急に配信が決まったり、ホントに自分のモチベーションもすごく複雑でした。もちろん、見てくださった人の中にも複雑な気持ちの方もいらっしゃったと思います。「でも、こういうときのためにエンターテイメントがあるんだ」「ロックがあるんだ」、そういう音楽の力を信じてもうやるしかないと思って3本のライブをやりました。見てくれる人が絶対に後悔しない、オンラインを通しても絶対に伝わるライブを心がけたので、もしまだ見てない方がいたら、気持ちを込めたライブを観てください。

PHOTO:沼倉龍徳
TEXT:長澤智典

タイトルとURLをコピーしました