乃木坂46の中心メンバーへと成長した3期生単独公演

乃木坂46

乃木坂46「9th YEAR BIRTHDAY LIVE~3期生ライブ~」が、5月9日(日)に幕張メッセイベントホールにて開催された。

デビュー9周年を祝う「9th YEAR BIRTHDAY LIVE」は今年の2月に開催され、当初は期別ごとのライブも開催を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で期別ライブは延期。3月末に1期生・2期生の単独公演が行なわれ、5月8日(土)は4期生ライブ、そして5月9日(日)には、期別ライブの最終公演を3期生メンバーが飾った。

オープニングナンバーは3期生メンバーに初めて書き下ろされた「三番目の風」。

その後、「未来の答え」「トキトキメキメキ」「自分じゃない感じ」「僕の衝動」「毎日がBrand new day」と立て続けに3期生楽曲を披露。

前日開催された4期生単独公演もそうだが、冒頭ブロックではシングル表題曲を中心に構成される事が多く、変化球的なアプローチではある。それだけに、今回の3期生単独公演への覚悟が現われたスタートだった。

ライブ中盤では、乃木坂46の歴代の歌唱衣装に焦点をあてたコーナーへ。

3期生メンバーがおのおの思い入れのある歌唱衣装を身にまといパフォーマンス。それだけにバラバラな衣装でのパフォーマンスは、ミュージカルのような華やかさが際立ったステージだった。

「命は美しい」「サヨナラの意味」「ハルジオンが咲く頃」など、卒業していった先輩達から受け継いだ楽曲、そして堂々たるパフォーマンスは、3期生メンバーの成長が最も感じられる瞬間だった。

ライブ終盤では、4期生曲「Out of the blue」、グループの代表曲でもある「インフルエンサー」「シンクロニシティ」などを立て続けに展開する中、3期生曲「思い出ファースト」で本編を締め括った。

アンコール1曲目では、6月9日(水)に発売される27thシングル「ごめんねFingers crossed」に収録される3期生楽曲「大人たちには指示されない」の新曲を初披露。サプライズの初披露だけあって、ファンにはたまらない1曲となった。

そしてこの日のライブを締め括る最後の曲は、2013年7月にリリースされた6thシングル「ガールズルール」。

昨年グループを卒業した白石麻衣が初のセンターを飾った曲だが、センターポジションを山下美月が担い、最後の力を振り絞った渾身のラストソングで幕は閉じた。

グループの一員となり、初めて大きなステージに立ったのは、今から約4年前に開催された乃木坂46「5th YEAR BIRTHDAY LIVE」。この4年間で様々な経験を積み重ね、乃木坂46の中心として引っ張っていく覚悟、そして責任感が滲み出ていた。

前日開催された4期生ライブは、終始フレッシュなステージではあったが、この日の3期生ライブはまさに成長を感じられたステージだった。

続きの画像はこちら
タイトルとURLをコピーしました