槙田紗子プロデュースアイドルプロジェクトの最終審査課題曲を山崎あおいが書き下ろし楽曲提供決定!

山崎あおい

山崎あおい

ガールズロックユニット「ぱすぽ☆」の元メンバーで、現在は振付師として数々のアイドルグループの振り付けや、舞台、ドラマなどの振り付けも担当している槙田紗子が、立ち上げたアイドルプロデュースプロジェクト「SACO PROJECT!」(サコプロジェクト)の最終審査の課題曲に、「山崎あおい」が書き下ろしたオリジナル楽曲を起用することを発表した。

山崎あおいは、楽曲創作とライブを中心に活動中し、近年では様々なアーティストへ楽曲や歌詞を提供し、クリエイターとしても高い評価を受けているシンガーソングライター。

プロジェクトプロデューサーである槙田自らの熱烈なオファーにより今回の楽曲提供が実現した。

山崎は今回の楽曲制作に際し、「今回、お披露目曲の作詞と作曲を担当させていただくことになりました、山崎あおいです。槙田さんがプロジェクトを始動させた頃より、傍目で「面白そうなことやってるなぁ!」と見ておりましたので、作家としてのご指名は嬉しい驚きでした。スタートラインに立ったメンバーの皆様には、これからただ「夢をかなえる」という前向きなエネルギーだけじゃない、何かを犠牲にする覚悟もあるかと思います。この楽曲が、青春時代をアイドルに捧げようとする女の子たちの刹那的な美しさ、カッコよさを存分にアピールできるようなものに育てば嬉しいです。」とコメントを寄せた。

そしてプロデューサーの槙田紗子は、「元々山崎あおいさんの作る楽曲の大ファンでして、サコプロジェクトが始動した時から、オリジナル曲を作るときは絶対に山崎さんにお願いしたいと切望していました。なので、オファーを受けて頂き、音源を頂いた時は涙が出ました。今まで色々頑張ってきてよかった、、と心から思いました(笑)。候補生等にとって、これからアイドルとして酸いも甘いも受け止めていくんだという覚悟を決められるような、背中を押してくれる楽曲だと思います。パフォーマンスを楽しみにしていてください。」と最終審査へ向けて熱いメッセージを残した。

槙田紗子

槙田紗子

もちろん同楽曲の振り付けは槙田紗子が担当する。

サコプロジェクトは、今年1月1日よりオーディション開始し、およそ1000名に登るエントリーの中から1次、2次審査を経て、現在15名が最終審査に選出されている。

本来なら、5月9日(日)開催の「サコフェス Vol.3.5」内で、合格メンバーが決定するはずだったが、新型コロナ感染拡大の影響でオーディションは延期となっている。

オーディション最終審査の日程は改めて公式サイトなどで発表される予定。

オリジナル楽曲で最終審査に臨む、候補者たちの姿にもご注目ください!

山崎あおい プロフィール

1993年生まれ・札幌出身のシンガーソングライター。シンガーソングライターとして2012年18歳でデビュー。リアルな感覚にあふれたセンチメンタルな歌詞とメロディが幅広い層の男女に支持を受け、楽曲創作とライブを中心に活動中。近年では作詞家・作曲家としても様々なアーティストへ楽曲や歌詞を提供し、クリエイターとしての高い評価も受け更なる活動の幅を広げている。また、AKB48を始めとする女性アイドル好きであることを公言しており、日々の出来事や趣味の妄想、自虐ネタなどを綴るブログ「シュール イズ ビューティフォー」やTwitterでは様々な顔も見せている。

オフィシャルサイト(アーティスト) https://yamazakiaoi.jp
オフィシャルサイト(クリエイター) http://beingcreators.net/p_yamazaki.html
Twitter https://twitter.com/aoi_punclo
Blog https://ameblo.jp/yamazakiaoi/
Instagram https://www.instagram.com/yamazaki_aoi/

タイトルとURLをコピーしました