スカパラが手掛ける舞台『muro式.がくげいかい』テーマ曲で、ムロツヨシがまさかのゲストボーカル!

muro式.がくげいかい

東京スカパラダイスオーケストラがテーマ曲を手掛けているムロツヨシ演出・出演の舞台『muro式.がくげいかい』。

このテーマ曲のゲストボーカルをムロツヨシが務めていることが発表された。

ムロツヨシ

ムロツヨシ

『muro式.がくげいかい』は4月6日(火)より東京公演がスタートしていることから、すでに舞台を観劇した人は「どういうこと?」と思うに違いない。なぜなら舞台で使用されているテーマ曲ではムロツヨシの歌は流れていないからだ。この不思議な経緯の顛末はこうだ。

ムロツヨシからテーマ曲のイメージに関するプレゼンを受け、そこから何度となくやりとりをしながらテーマ曲の制作を進めていきレコーディングに突入。ムロツヨシにはスカパラメンバーとともに掛け声やコーラスで参加してもらい、無事にテーマ曲も完成し納品。

本来であれば、ここで終了のはずであったが、ムロツヨシとともにテーマ曲の制作を進めていくなかで、その制作過程があまりにも楽しかったことから、この曲にムロツヨシの歌やセリフ的な要素をいれたいという想いがスカパラメンバーのなかで沸々と芽生えてしまい、舞台の初日公演には間に合わないため使用されることはないとわかっていながら、ムロツヨシにボーカルレコーディングを依頼。

7年前に「いつか自分の舞台のテーマ曲をスカパラさんに手掛けてもらうのが夢です!」とは言ったものの、「歌いたい」とはひと言も言っていないムロツヨシであったが、スカパラメンバーの想い出作りのために初のボーカルレコーディングを行うこととなってしまった。

歌詞は谷中敦(Baritone sax)とムロツヨシの共作となっている。物語のキーワードをムロツヨシが谷中に伝え、さらに、4月6日(火)の初日公演をスカパラメンバー全員で観劇した際に掴んだイメージを谷中が歌詞に落とし込み、ムロツヨシと意見を交わしながら歌詞が完成。

東京公演中盤の4月15日(木)にムロツヨシのボーカルレコーディングが行われ、その際、レコーディングブースから「そして、おれは、いま、なぜか レコーディングをしている」とツイートしたことでファンを大いに驚かせていた。

『muro式.がくげいかい』のある意味、真のテーマ曲として完成した楽曲のタイトルは「めでたしソング feat.ムロツヨシ」。もちろん、スカパラメンバーの想い出だけにしておくのは勿体ないので、5月19日(水)から配信リリースされることも決定した。

スカパラサウンドにのせていったいどんな歌詞がムロツヨシの歌声で届けられるのか期待しかない。

東京スカパラダイスオーケストラ


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました