kim taehoon、“ナイスな心意気”をテーマに掲げた2021年始動!第一弾はGokou Kuytを迎えた極上のPOPを5月19日(水)に配信リリース!

kim taehoon

韓国産まれ、東京育ち、東大卒のシンガー兼トラックメイカーとして注目を集めるkim taehoonの新章が始動した。

2021年は“ナイスな心意気”をテーマに掲げ、第一弾作品として5月19日(水)にGokou Kuytを迎えた新曲「DRIP DRIP DRIP feat. Gokou Kuyt」をデジタルリリースすることが発表された。併せて新ビジュアルも公開された。

ファンクやR&Bを基調とするkim taehoonが奏でるキャッチーでゆるいポップさと、トラップをベースとしながらも独自のポップさが光るGokou Kuytが交わることによって、一見交わることのない2人があたかも異文化交流をしているかのような作品に仕上がった。畑違いでありながら共通する部分が多い2人それぞれのポップさが交わることによって、エッジの効いた極上のポップが誕生。シンプルに言えば、気の合う成人男性2人が楽しくゆるく、気の向くままにつくったただのお気に入りの作品である。

kim taehoon×Gokou Kuytという、期待せずにはいられない組み合わせの新曲「DRIP DRIP DRIP feat. Gokou Kuyt」。果たしてどんな曲になっているのか。

5月19日(水)のリリースを楽しみにしつつ、続報をチェックしておこう。


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました