Loading...

佐々部清監督 1周忌追悼上映イベント、豪華キャスト7名勢揃い韓国より知英 & 主題歌担当AIからのビデオレターに歓喜

©2020映画「大綱引の恋」フィルムパートナーズ

昨年3月に急逝した佐々部清監督の遺作映画『大綱引の恋』が、5月7日より全国で順次公開される(緊急事態宣言の発出に伴う休館のため、一部劇場では公開延期)。

3月29日にはスペースFS汐留にて1周忌追悼上映イベントが行われ、三浦貴大、比嘉愛未、松本若菜、中村優一、升毅、石野真子、西田聖志郎が出席したほか、主演の知英と主題歌担当のAIがビデオレーターを寄せた。

韓国から知英は「コロナの影響でその場に行けなくなりましたが、皆さん楽しんでいますか~?」と笑顔で「ロケ地・鹿児島は街も風景も人々も食べ物も素晴らしく、いつか必ず鹿児島に行きます。薩摩川内市は韓国との文化交流がある街なので嬉しかったです。そして佐々部監督とご一緒できたことを光栄だと思っています」と回想。全国公開が迫るが「公開日にはコロナが終わって、皆さんと目と目を合わせてお話が出来ればいいなと思っています。またお会いしましょう」と締めくくった。

佐々部組初の三浦は「佐々部監督からは、自然にそこにいるのが上手いと言われました。それに対して僕は『それしかできない』と返したら、その言葉を佐々部監督が気に入ってくれて、何度もその話をされていました」と懐かしそう。母親役の石野について「役柄的にキャラ立ちしている。でも素敵なお母さん」と紹介すると、妹役の比嘉は「え?妹は!?」と詰め寄って、たじたじの三浦は「こういう感じで現場もやっていました!」と仲良さそうだった。

その石野は「撮影はとても楽しくて、アットホームな現場でした」と振り返ると、夫役の西田は「作品を見た人たちから『お前のDNAからこんな二人(三浦・比嘉)が生れるか!?』と…。石野さんのいい遺伝子が入っているんです!」と笑わせた。比嘉は「いつか佐々部組の一員になりたいと思っていたら、この作品のクランクアップの際に『これで愛未も一員だ』と言われました。その言葉は忘れられないし、一生心に刻んでいきたいです。残念ながら遺作となってしまいましたが、感謝しかなくて光栄です」と佐々部監督を追悼していた。

松本は「佐々部監督はお話がお上手で、日本一のスーパー助監督だったというお話も伺いました。お祭りシーンではその時の経験が確実に活きており、必見のシーンになっています」と見どころとしてアピール。升も「祭りのシーンはさすがスーパー助監督!と思った。先頭を切って限られた時間内に撮っていくし、誰一人嫌な気持ちにならない現場作りをしてくれる人でした」とその人柄を偲んでいた。

太さ40センチの綱を引き合う大綱引きで一番太鼓を務めた三浦は「練習はずいぶんしました。見た目以上に大変」と苦労を滲ませると、中村は「でも初日の練習から貴大さんは叩けて、一番太鼓経験者のコーチも『あんなに早くは叩けない』と褒めていました。そんなことを言われたら僕も頑張らなければと、ホテルに帰って枕を叩いていました」と三浦の筋の良さにジェラシー。それに三浦は「僕も同じことをしていました。酒を飲んでいただけではないんですよ」と胸を張っていた。

その練習の成果もあり、祭りシーンに比嘉は「迫力が違う。本物を見ている感覚。努力が伝わって、カッコよかった」と褒めると、中村も「三浦君のスナップは上手で、主演のスナップは違うと思いました」と絶賛。悔しがる中村に三浦は「でも佐々部監督は初号を観終わったときに『優一の方が良かった』と言っていたよ」と優しくフォローしていた。

最後に三浦は「この映画を色々な人に観てもらうこと、それを佐々部監督も望んでいます。僕自身も佐々部監督が遺したこの映画を広めていきたい」と思いを込めて、ステージ中央、三浦の横に設置された佐々部監督の顔写真に触れて「さっきからずっと佐々部監督に指を差されています。きっと監督も『それな!』と思っているはずです」と遺志を代弁していた。

映画『大綱引の恋』は5月7日より全国で順次公開(緊急事態宣言の発出に伴う休館のため、一部劇場では公開延期)。

©2020映画「大綱引の恋」フィルムパートナーズ

続きの画像はこちら
タイトルとURLをコピーしました