元ラーメン屋がギター職人に転身。デザイン性と機能性を兼ね備えた福岡発ハンドメイドエレキギターブランドCaramelʼs Guitar Kitchen(キャラメルズ・ギター・キッチン)誕生

Photo:Hideyuki Watanabe / Model:Hiromi Sakai

コロナ禍においてギターの売り上げが伸びているという。

自宅で過ごす時間が増え、本当に「好きなもの」を探して新しいライフスタイルを見出している人も多いだろう。

それは1つに限らず、いくつあってもいい。

万人が好きでなくてもピンとくるもの、それがこだわりとなり個性となり、人生を潤してゆく。

今回は 2021 年 4 月に誕生した福岡発の「こだわりと個性」を際限なく追求し続ける新しいハンドメイド・エレキギターブランドを紹介する。

元ラーメン屋という異色の経歴を持つ福岡のクラフトマンが 56 歳にして一念発起し立ち上げたギターブランド、その名も Caramelʼs Guitar Kitchen(キャラメルズ・ギター・キッチン)。

ラインナップは 4 本で、いずれもオリジナリティあふれる個性的なデザインと細部に渡り選び抜かれたパーツ、50 年代のサウンドを現代に蘇らせたクリアで良質な音を併せ持つ「大人の 1本」が登場。

(V1_Black)

福岡在住のクラフトマン、片田タケシは東京都内のラーメン屋をはじめとして数々の飲食店で働く傍ら、10 代からずっと独学でオリジナルギターを作っていた。

48 歳にして地元福岡に移り住み、周りから「売って欲しい」という要望も多く、それに応えるようにようやく販売へと踏み切った。

その道のりは決して順風満帆ではなかったが、東京の営業パートナーとタッグを組み、何度も修正、ブラッシュアップを重ねて厳選された 4 本を世に送り出した。

(Katada Takeshi)

まず目を引くのはその類いまれなるデザインだろう。

50 年代~60 年代を模倣したニトロセルロースラッカー塗装で丹念に仕上げられており、傷がつきやすい特徴もある反面、その経年劣化を自分だけの味として楽しむことができる。

また、ボディの淵に施されたツートンカラーのチェッカードステッチはクラフトマン独自の塗装方法によるもので、シンプルながら個性が溢れている。

また、塗装だけでも十分に手間暇をかけ丹念に作られている。

さらにピックガードも個性的な V 字型。これもクラフトマンのオリジナルデザインで愛らしい。

ピックアップは 50 年代から GRETSCH(DuoJet)などに使用されていたダイナソニックピックアップを模したシングルコイル「TV-JONES」の T-ARMOND を搭載。

ウォーミーでありながらシャープで繊細なサウンドを実現。ボディはアルダー素材のソリッドボディ。フラッグシップとなる V1 BLACK は、トリプルピックアップ。

セレクターは 5 ポジションのスイッチングに加えプルポットを採用し7色の音色(レインボートーン)を奏でることができる。

V1_BLACK SPECIFICATION
Body:Alder
Body Finish: Nitrocellulose Lacquer
Neck Material:Maple
Fingerboard:Rosewood300R
Frets:21
Fret Size:Medium
Length:648mm
Nut:TUSQ
Pickups:TV Jones / T-Armond×3
Switching:5-position(CRL) / 7-position(Rainbow Tone)
Controls:MasterVolume×1(CTS) /MasterTone×1(BOURNS Push-pull pot)
Bridge:GOTOH Tune-O-Matic Type
Tailpiece:Bigsby B5 Vibrato Unit
Peg:GOTOH MG Lock
Strap Pin:GOTOH Ep-B3

(V1_Black)

また、ビブラートアーム搭載モデルには日本製ロックペグ GOTOH マグナム・ロックを採用することによりチューニングの安定性とスムーズでストレスのない弦交換を実現。ナットは弦振動を効率よくギター本体に伝え、より大きな音量と素晴らしいトーンを得られる Graph Tech 社の TUSQ(人工象牙)を使用。ストラップピンはライブで抜け落ちてしまわないように一回り大きいサイズを取り付けるなど、細部にわたってデザインと機能性とサウンドを追求した弾き手想いのギターだ。

他に、フロントに TV-Jones の Super Tron(ハム)とリアには Seymour Duncan の STL-1Vintage ʼ54 Tele Bridge(シングル)を搭載した V2 シリーズ(黒と赤)。そして独特なボディラインがたまらないセミアコタイプ Sicily Black もラインナップ。

(こちらは SicilyBlack)

すでにプレオープンされており、問い合わせも多い。物によっては注文から 2~3 ヶ月待つことになるが 1 本 1 本手作りで丁寧に塗装してゆくので、ゆっくり待つ時間も楽しみの1つになるだろう。

現在、オンラインショップでの販売と、東京は御茶ノ水楽器センターで SicilyBlack のみ店頭販売しているとのこと。
(試奏についてはお気軽に問い合わせください:info@ellansmusic.co.jp)

決して安価なギターではないが、既存のギターに満足していない人、かつてバンドを組んでいた人、これからギターを始める人、コロナで予期せず時間に余裕ができた方、そしてそろそろ自分の時間を持とうと思っている方々に、持つならこだわりの 1 本を手にしてもらいたい。

ギターについて詳細はオフィシャルホームページ「GUITARS」をご覧ください。
https://caramelsguitarkitchen.net/guitars/

試奏動画はこちら
https://www.youtube.com/channel/UC72UkXc_XeWWojzz5Xt3jvg

【Official HP】https://caramelsguitarkitchen.net
【Online STORE】https://caramelsguitarkitche.stores.jp
【Instagram】https://www.instagram.com/cgk_guitar/
【Twitter】https://twitter.com/CgkGuitar
【Facebook】https://www.facebook.com/cgkguitar.tokyo

タイトルとURLをコピーしました