開歌-かいか- 卒業する百岡古宵最後の録音となる 5 人体制ラストシングルは堂島孝平「Blue Fantasia」のカバー! 結成 2 周年の記念日にあたる 5月4日(火)に配信開始

開歌-かいか-

タワーレコードのアイドル専門レーベル T-Palette Records に所属する開歌-かいか-(読み:かいか)は、開歌かいか-の結成日にあたる 5 月 4 日(火)に配信シングル「Blue Fantasia」をリリースすることを発表した。

今回の「Blue Fantasia」配信リリースは、昨年 6 月に発売したミニアルバム「花歌-はなうた-」以来、約 11 カ月ぶりのリリースとなる。

配信開始日である 5 月 4 日(火)には、開歌-かいか-の結成 2 周年記念単独公演「皐月歌」が開催され、この公演をもってメンバーの百岡古宵が開歌-かいか-を卒業することも発表されています。

「Blue Fantasia」は堂島孝平が 2019 年にリリースしたアルバム『BLUE FANTASIA』の収録楽曲。

堂島孝平は、百岡が以前活動していたアイドルグループ・アイドルネッサンスの活動の中でも堂島楽曲をカバーし、ステージでも共演を果たしたことのある百岡にとって大変大事なアーティストです。

堂島は 5 月 4 日(火)の開歌-かいか-の結成 2 周年記念単独公演「皐月歌」を最後にグループを卒業する百岡の門出に際して「BlueFantasia」のカバーリクエストを快諾。今回のリリースに至った。

さらに、今回開歌-かいか-が「Blue Fantasia」をカバーするにあたり、原曲である堂島の「Blue Fantasia」のアレンジを務めた石崎光が、開歌-かいか-のイメージをもとに今作のリアレンジ・プロデュースを手がけた。

花が咲いていく様を連想させるコーラスアレンジと、メンバーのまっすぐな歌声は、別々の道へ進むけれど、共に積み重ねた想いを胸に前に向かって進んでいくグループメンバー5 人の「絆」を表現している。

さらに、「Blue Fantasia」の配信ジャケットも公開。楽曲タイトルにもなっている“ブルーファンタジア”の花言葉は“永遠” 。そんな花言葉を持つ花の上に重ねたメンバーの手を、あたたかみのあるフィルムカメラで撮影したデザインとなっている。

そして、今作ではメインボーカルを百岡がソロで、ハーモニーとコーラスを南雲咲楽、佐々木亜実、青木眞歩、渡邉陽の 4 人が務めており、百岡の 10 年にわたるアイドル人生で積み重ねた想いを開歌-かいか-の 5 人で歌い上げた作品となっている。

5 月 4 日(火)の開歌-かいか- 結成 2 周年記念単独公演「皐月歌」にて、「Blue Fantasia」の現状メンバーでの最初で最後の披露も行う。

さらに、「皐月歌」にて新衣装も初披露する。

この新衣装は百岡古宵がデザインを担当。開歌-かいか-への想いが詰まったこだわりの新衣装となっている。

2 年間、積み重ねてきた開歌-かいか-のパフォーマンスと、百岡古宵の「アイドル」として最後のステージ、そして、南雲、佐々木、青木、渡邉の 4 人による開歌-かいか-の新たな始まりの瞬間にご期待ください。


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました